具なしの「超ボンビーやきそば」をペヤングじゃなくてヨシモリが発売

12月4日(水)21時32分 ねとらぼ

ヨシモリ 超ボンビーやきそば

写真を拡大

 ペヤングでおなじみのまるか食品が、いつにも増しておかしなことを始めました。具材・ふりかけ・スパイスなしの「超ボンビーやきそば」を発売します。ソースと麺だけという思い切り、そしてブランド名は「ペヤング」ではなく「ヨシモリ」。このヨシモリの謎を知ると「なんて楽しそうな会社なんだ」ってなります。
 「ヨシモリ 超ボンビーやきそば」は、麺とソースだけのシンプルなやきそば。そのまま食べても、具材を用意してアレンジしてもOKです。そして、ブランド名の「ヨシモリ」とはどんな盛りなのか? 同社サイトには「詳しくは動画をご覧ください」とあります。動画を見ると、ますます脳が混乱してしまいます。
 動画のタイトルは「ヨシモリやっちゃいます!!第2弾 社長にないしょでブランド作っちゃいました。(笑)」。ヨシモリとその部下のハルキとコジマがコント風のやりとりをする動画です。12月の新商品を考えていないという部下に「ダメだねー、俺は考えたよ」と、商品に記されていた“ペヤング”の冠をはずし自分の名を冠した“ヨシモリ”を取り出します。
 「ちなみに社長は知っているんですか?」と恐る恐る聞く部下。ヨシモリは「ないしょだよ」と答えます。社長にないしょで“ヨシモリ”を作り、さらに勝手にQUOカードを500万円分もプレゼント、「やばくないですか」と焦る部下に、「誰だと思ってんの、俺? ヨシモリだよ」と自信満々です。
 この動画はどこかのPR会社が作った物なのかなと思いつつ、同社のYouTubeチャンネルに投稿された他の動画を見ていくと、衝撃の事実が分かりました。「祝チャンネル開設! 俺はペヤング王子になるッ!!」という動画によると、ヨシモリはまるか食品の社長の息子。「ペヤング王子の素顔に迫る!!」では、姉・兄・ヨシモリ・妹の四兄弟であることや、2019年10月時点で働き始めて1年半ほどなことが明かされています。ガチのペヤング王子です。
 ヨシモリブランドを作った理由は、動画再生数が全くあがっていないため。確かに、「ペヤング王子」のチャンネル登録者数は891人とそれほど多くはありません(12月4日21時15分時点)。ヨシモリブランドの商品が店頭に並べば、ヨシモリを知らない人はいなくなるという戦略のようですが、どこまで知名度が伸びるのか楽しみですね。
 「ヨシモリ 超ボンビーやきそば」は12月9日より一般発売します。

ねとらぼ

「やきそば」をもっと詳しく

「やきそば」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ