寒ブリをステーキに! 丁寧に骨抜きした氷見グルメ

12月5日(月)7時47分 Jタウンネット

「氷見天然ぶりステーキ」商品紹介ページ

写真を拡大

[となりのテレ金ちゃん−テレビ金沢]2016年11月22日放送の「全国おとりよせグルメ」のコーナーで、富山県氷見市の「氷見天然ぶりステーキ」が紹介されていました。



寒ブリの美味しい季節ですが、このぶりステーキは、寒ブリを一年中手軽にたべることができます。


手作業で食べやすく処理


この「ぶりステーキ」は、氷見市の「マルカサフーズ」の社長が考案した商品です。過去に魚を食べて、魚嫌いになった人、初めて魚を食べる人などに食べて欲しいという思いを込めて作られました。


社長自ら競り落とすブリや、ひと回り小さいガンドブリを使い、手作業で丁寧に骨抜きをして食べやすくしています。美味しさの秘密は、自家製の塩麹につけて丸1日寝かせているのでふっくらと仕上がるのです。


照り焼き味やバジルオイル漬けの他、10種類の味があり、飽きさせないような工夫もあります。


骨がなく食べやすいですし、種類も豊富で、全部食べ比べてみたいですよね。(ライター:りえ160)

Jタウンネット

「ステーキ」をもっと詳しく

「ステーキ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ