調味料はオイスターソースのみ シンプルな味わいの時短レシピ

12月5日(木)7時0分 NEWSポストセブン

かきと青菜の炒めもの(撮影/菅井淳子)

写真を拡大

 隠し味を加えたり、塩こしょうで味を調えたりといった思い込みが、毎日の料理を面倒にしていたかもしれない!? 複数の調味料を使わずに“調味料ひとつ、味つけ1回”にすれば時間も手間も大幅に減らせます。そこで、調味料は「オイスターソース」のみを使ったレシピを紹介します。


■『かきと青菜の炒めもの』のレシピ

・材料

青梗菜:2株、かき:300g、片栗粉:適量

しょうが(みじん切り):大さじ1、水:大さじ2、ごま油:大さじ1


・作り方

【1】青梗菜は葉をざく切りに、茎は縦に6つに切る。

【2】かきは薄い塩水でやさしくふり洗いする。キッチンペーパーで軽く押さえて水気を取り、片栗粉を薄くつけておく。

【3】フライパンに油の半量を熱し、かきの両面を2〜3分焼いて取り出す。

【4】【3】に残りの油を加えて熱し、しょうがを炒める。香りが出てきたら青梗菜の茎を加えて炒める。

【5】【4】に水を加えてふたをし、弱めの中火で3分程蒸し焼きにする。青梗菜の葉と【3】のかきを入れ、強火にする。

【6】オイスターソースを加えて手早く炒め合わせる。



■『焼きうどん』のレシピ

・材料

冷凍うどん:2玉、しめじ:1/2パック、豚こま切れ肉:120g、

小松菜:150g、赤パプリカ:1/2個、水:1/2カップ


・作り方

【1】オイスターソースと水は混ぜておく。

【2】フライパンに冷凍うどんを入れ、石づきを取ってほぐしたしめじ、食べやすい大きさに切った小松菜・赤パプリカ・豚肉を周りに入れ、【1】を回しかける。

【3】ふたをして弱めの中火で1〜2度混ぜながら6分蒸し焼きにし、菜箸で混ぜて全体がよくなじんだら火を止める。



■『中華風温奴』のレシピ

・材料

絹ごし豆腐:1丁(300g)、万能ねぎ:2〜3本、白いりごま:大さじ1


・作り方

【1】小口切りにした万能ねぎと白いりごまを混ぜておく。

【2】豆腐はキッチンペーパーに包んで少し水気を取る。半分に切り、耐熱皿にのせる。

【3】豆腐の上にオイスターソースをスプーンでぬるようにのせ、ラップをふんわりかけて電子レンジ(600W)で2分加熱する。

【4】水気が出ていたら、ペーパーでさっとふき、【1】をのせる。



●教えてくれたのは…

料理研究家・武蔵裕子さん/雑誌や書籍、企業メニューの開発などで活躍。著書に『塩麹・甘酒・キムチで作る小鍋』(新星出版社)、『フライパンひとつで、麺』(文化出版局)など多数。「調味料は合わせて使うもの、というのは思い込み。食材には本来の旨みがあるので、調える程度で充分おいしくなります。食材と調味料をシンプルに組み合わせれば、定番料理も新たな味になりますよ」。


※女性セブン2019年12月19日号

NEWSポストセブン

「調味料」をもっと詳しく

「調味料」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ