口パクに横断歩道の白いところ踏み… 歩きながらついやってしまう行為とは

12月5日(木)11時1分 しらべぇ

歩く(chachamal/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

歩いているとき、どのようなことを考えているだろうか。あまりに手持ちぶさたのために、人知れずなにかしている人もいるようだ。


■「歩きながら人知れずやっていることがある」少数派

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,733名を対象に、「癖について」の調査を実施。

歩きながら人知れずやっていることがあるグラフ

「歩きながら人知れずやっていることがある」と答えた人は、全体で16.0%だった。


関連記事:50代男性は横断歩道のない道路を渡りがち? 学生のマナーの良さが際立つ結果に

■歩きながら口パクで歌っている

性年代別では、男女ともに年代が下がるほど割合が高くなっている。

歩きながら人知れずやっていることがある性年代別グラフ

歩きながら、人知れず歌っている人も。

「僕は移動するときに、スマホで音楽を聴いている。曲を聴いているとだんだんと気分が上がってきてしまって、口パクで歌っているときが。


歩いているからおそらく周囲には気づかれていないと思っているけれど、すれ違う人には『あの人、なんかブツブツ言ってる』と思われているかもね」(20代・男性)

■意識して改善するケースも

昔は歩きながらする癖があった人が、指摘を受けて改善したケースも。

「私は歩いているときに、自分で気づかないうちに受け口になっているらしくて。友達に何度も注意されて、歩いているときには口元に意識を集中することにした。


そうすると自分でも受け口にする癖に気づくようになり、その度に直すことを繰り返した。そのうちに受け口にする癖がなくなったので、指摘してくれた友達には感謝している」(30代・女性)


■横断歩道の白いところだけ

一方で子供の頃からの癖が、抜けない人もいる。

「よく子供がやることだと思うけれど、横断歩道を歩くときに白い部分だけ踏んで歩くのをたまにしている。さすがに大人なのであからさまな行動ではなく、あくまでも自然な感じに歩いているから、周囲にいる人には気づかれていないと思う」(30代・男性)


他人に迷惑をかけない行為であれば、直す必要もないだろう。


・合わせて読みたい→やりすぎると悪化するのに… 蚊に刺されると爪で跡をつける理由


(文/しらべぇ編集部・ニャック



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年10月28日〜2019年8月30日

対象:全国10代〜60代の男女1,733名(有効回答数)

しらべぇ

「口パク」をもっと詳しく

「口パク」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ