「日本沈没」8話 石橋蓮司“里城”、国民の命運を賭ける姿に「胸熱展開」の声、東山総理との抱擁シーンにも感動の声溢れる

2021年12月5日(日)23時30分 シネマカフェ

「日本沈没-希望のひと-」第8話(C)TBS

写真を拡大

小栗旬主演「日本沈没ー希望のひとー」の8話が12月5日オンエア。日本国民の命運を背負い中国との極秘交渉に臨む里城に「胸熱展開」といった反応が上がるなか、東山総理との抱擁シーンにも感動の声が寄せられている。

ある地震学者が予期した“関東沈没”、当初は相手にされなかったが実際に関東の沿岸が海に沈む。事態は沈静化したかに思われたが今度は日本全土が沈没する危機が迫っていた。日本の未来を救おうとする主人公たちだが、国民を海外に移住させる計画には様々な困難が立ちはだかる…。

1973年に刊行された小松左京の原作を大きくアレンジ。2023年の東京を舞台に、原作でも描かれていた「環境問題」を、2021年バージョンとして“いま”に照らし合わせて鮮明に描き出していく本作。

主人公の環境省官僚・天海啓示役に小栗さんを迎えるほか、天海の盟友ともいえる経済産業省の常盤紘一に松山ケンイチ。関東沈没をスクープした週刊誌記者・椎名実梨に杏。

関東沈没だけでなく日本沈没も察知した地震学者の田所雄介に香川照之。以前は対立していたが今は田所と共に研究している地球物理学の権威・世良徹に國村隼。移民交渉にあたってアメリカと中国を天秤にかけ、結果失敗させてしまった内閣総理大臣・東山栄一に仲村トオル。中国と太いパイプを持ち、多くの移民を受け入れてもらう話をまとめた副総理兼財務大臣の里城弦に石橋蓮司。その他ウエンツ瑛士、中村アン、与田祐希(乃木坂46)、風吹ジュン、小野武彦といったキャストが出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

中国が日本政府との移民交渉を完全に遮断。東山と密約を交わしたアメリカも手のひらを返し、日本沈没が全世界に知れ渡ったことで経済は大混乱に陥る。八方塞がりの中、久々に行った居酒屋で愛(与田さん)から聞いた言葉をヒントに、天海はジャパンタウン構想を思いつき、これを持って中国に裏ルートで再交渉を挑む…というのが今回のストーリー。

これまで“悪役”扱いだった里城が、日本国民の命運をかけて中国との交渉に臨む…という展開に、SNSには「胆力と人脈ある里城先生が頼りになって胸熱展開だった」「里城のタヌキがこんなカッコいいことになるとは誰が予想してただろうか」などの感想が続々と集まる。また当初は田所の主張を潰そうとしていたが、今は共に日本沈没について研究する世良にも触れ「里城先生とか世良元教授の「色々あったけど、根は良い人」みたいなキャラが沁みる」といった声も。

里城の交渉の結果、中国との交渉がまとまる。東山を抱きしめ交渉成立を報告する里城。2人の抱擁に「仲村トオルと石橋蓮司が抱き合った瞬間泣いたよね」「泣きそう…良いシーンだ…ドラマでこんな感動すんのほんま久々」といった反応も寄せられている。

シネマカフェ

「沈没」をもっと詳しく

「沈没」のニュース

「沈没」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ