「草津町長からの性被害」訴えた電子書籍、著者が「誤報」認める 町長に謝罪、販売打ち切り

2022年12月7日(水)19時35分 弁護士ドットコム

関連画像

写真を拡大

元草津町議の新井祥子氏が町長室で黒岩信忠町長から性被害にあったと電子書籍で訴えたことをめぐり、著者のフリーライター飯塚玲児氏が12月7日、自身のブログで「謝罪声明書」を発表。2019年に執筆、公開した電子書籍『草津温泉 漆黒の闇5』の記事に誤報があり、販売を打ち切ると明らかにした。あわせて、黒岩町長に謝罪の意を表明した。


飯塚氏は記事内容の前提となった情報について「大きな誤りがあり、記事が誤報だと判断せざるを得ないことが判明いたしました」としている。


朝日新聞などによると、新井氏は2022年10月31日、電子書籍を公表して黒岩町長の名誉を傷つけたほか、性被害を受けたとする虚偽の内容の告訴をしたとして、名誉毀損と虚偽告訴の罪で前橋地検に在宅起訴されている。


飯塚氏も名誉毀損の罪で10月31日付で在宅起訴されている。飯塚氏は「謝罪声明書」で、「前橋地方検察庁より開示された証拠資料によると、情報提供者が証拠を改ざんし、虚偽の情報を提供していたと理解せざるを得ません」と説明。ただ、具体的な内容については「現在も刑事、民事ともに裁判の係争中」として明言を避けた。


電子書籍をめぐっては、黒岩町長が自身の名誉が傷付けられたなどとして、新井氏と飯塚氏らに慰謝料4400万円の損害賠償を求めて提訴しており、前橋地裁で係争中。

弁護士ドットコム

「町長」をもっと詳しく

「町長」のニュース

「町長」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ