「カニみそ」の正体、ご存知ですか?

12月7日(土)6時0分 Jタウンネット

カニみその正体って...?

写真を拡大

[となりのテレ金ちゃん−テレビ金沢]2019年11月25日放送の「仰天コロンブス」のコーナーでは、「カニみそ」について調べていました。


北陸の冬と言えば、カニ。カニがおいしい季節になりました。丸ごと美味しいカニですが、特にカニみそが好きだという人も多いですよね。


しかし、カニみそというのはカニの何なのでしょうか?



フォアグラのようなもの?


金沢の飲食店で尋ねてみると、カニみそはカニの「中腸線」という部分なのだそうです。


中腸線は、肝臓と膵臓の機能を併せ持ち、食べ物の分解、吸収、栄養を蓄える臓器です。


車エビにも中腸線があります。いわゆるエビみそと呼ばれる部分です。


カニみそには、カニによっても違いが。ズワイガニは緑色、毛ガニは黄色、タラバガニはカニみそがほとんどないそうです。


みそと呼ばれる所以は、みその形状に似ているからだと言われています。


「カニみそ」というとカニの脳みそを想像していましたが、カニの脳みそはとても小さいのだそうです。


あの濃厚な味は、肝臓の部分だからこそ。まさにカニのフォアグラなのですね。


(ライター:りえ160)

Jタウンネット

「カニ」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「カニ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ