パンイチの男「君の不安や心配を吸収してあげよう」 → 自分が瀕死に シュールな漫画『大丈夫マン』が何もかも大丈夫じゃない

12月7日(金)20時0分 ねとらぼ

こわい

写真を拡大

 漫画家の藤岡拓太郎さんによる1ページ漫画「大丈夫マン」が、完全に大丈夫じゃないと人気を集めています。大丈夫じゃないマンだ!
 「大丈夫の館」にいる大丈夫マンは、スキンヘッドに眼鏡でパンツ一丁、そして体に縦書きで大きく“大丈夫”と書かれたひと目で大丈夫じゃないいでたちで登場。「こわがらなくて大丈夫だよ」とのことですが不審者と言わざるを得ません。
 大丈夫マンは今抱えている不安や心配ごと、そのイメージをぶつけることで吸収してくれると説明してくれます。が、説明中にイメージをぶつけると「ごふっ」と血を吐いてしまいました。合図の前にぶつけてはダメだったようです。いわく、「あわてなくて大丈夫だよ私は逃げやしないバッタじゃないんだから」。
 一呼吸入れ、精神を集中する大丈夫マン。「良し。OKだ さあおいで」と合図を送ってきたのでイメージをぶつけると、「バオー!!!」の絶叫とともに砕け散る眼鏡! そして大量の吐血! だ、大丈夫マーァァンっ!!
 明らかに重症ですが、ベッドで横になり「わたしなら大丈夫気にしないで帰ってくれたまえ」と帰宅を促す大丈夫マン。しかし帰ろうとすると「あーちょっとまってごめん。来るとき近くにキリン堂あったっしょ。そう薬局」と引き止め、最後に顔を抑えながら一言。「ポカリだけ頼める?」。大丈夫じゃないマーン……。
 この何から何までシュールな漫画にリプライ欄などでは、「ありがとう大丈夫マン。元気でました」「一コマ目から怖い。そして全然大丈夫じゃない」「脳内CV:内村光良」「バオーw」「ポカリだけで大丈夫か?!」「大丈夫マンの吐血を見て不安になったからその不安をまた大丈夫マンにぶつけたい」「全然大丈夫じゃないマンだぁ……」といった声が上がっていました。
 藤岡拓太郎さんの他の漫画を見てみたい人は、本アカウントの投稿のうち漫画のみを抽出したアカウント「藤岡拓太郎の漫画」でまとめて読めます。また、Instagramでも漫画のほかざまざまな写真を投稿しています。
 また、単行本『藤岡拓太郎作品集 夏がとまらない』も発売中です。

ねとらぼ

「漫画」をもっと詳しく

「漫画」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ