和風か中華か? ロッテリアでエビバーガー対決、各エリア先行販売!

12月8日(金)11時56分 J-CASTニュース

「紀州産梅のエビバーガー」

写真を拡大

ロッテリアは、2018年1月18日から2月下旬までの期間限定で「紀州産梅のエビバーガー」と「エビチリナンサンド」を発売する。


ロングセラー商品「エビバーガー」を進化させた新しい楽しみ方だ。



スタッフ考案のバーガーが商品化



「紀州産梅のエビバーガー」はエビパティの上に大葉、キャベツ、ロッテリアオリジナルタルタルソースが合わさり、梅の酸味とカリカリの食感が初春らしいハンバーガー。



もう一方の「エビチリナンサンド」は、エビパティの上にケチャップ、トマトペーストをベースにしたチューニャン(米から作った発酵食品)とアルコール成分を飛ばした紹興酒などを隠し味にしたチリソースを加えた。こちらはバンズではなく、ふっくらもちもちした食感のナンに挟まれている。四川風エビチリをイメージして作られたナンサンドだ。



この2商品は、ロッテリアのスタッフを対象とした「ロッテリア45 周年企画 エビバーガー商品開発コンテスト」で、実際に応募され商品化されたもの。紀州梅〜は、「ロッテリア 札幌篠路店」スタッフ考案、エビチリ〜は、「ロッテリア 米子皆生バイパス店」スタッフ考案だ。


全国発売に先駆け、東日本地区170 店舗で「紀州産梅のエビバーガー」を、西日本地区184 店舗で「エビチリナンサンド」を、1月5日から先行販売する。どっちが好みか、一足早く食べ比べるのもいいだろう。



価格は、それぞれ単品420円。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ロッテをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ