ラップやホイルの芯とマスキングテープで作る 簡単クリスマスリース【OVOクリスマス2017】

12月8日(金)16時36分 OVO[オーヴォ]

 クリスマスまで、あともう少し。今週末こそ準備しなきゃ…そんなあなたに、今から間に合う「簡単クリスマスリース」をご紹介。

 材料は自宅にあるものをメインに。ハンドメイドの魅力も十分な、かわいらしいクリスマスリース。もちろん、子どもと一緒にトライするのもおすすめです!

<講師プロフィール>

砂村正子さん
東京・横浜でプリザーブドフラワー教室「アトリエ優花」、「エレガンス プリザーブドフラワー協会」を運営。ヨーロッパの伝統工芸(ブリヨンデコール)の世界に魅了され、オーストリアのザルツブルクにて学ぶ。2004年には「第2回フロールエバーコンテスト」で優秀賞を受賞。フラワー暦31年。多数のメディア(TV・雑誌)で活躍。
・WEBサイト http://www.epa-y.com/(教室ではレッスンのほか、作品の販売も行っています)









材料(参考)

・アルミホイルやラップの芯

マスキングテープ 2種類

・ラメ(シルバー)

・木の実やスパイス類(ボタンや小さなオーナメント、造花の小花などでも)

ヒノキの実(ゴールド) 18個

タマラックコーン 3個

ヤシャブシ ミニ 3個

カシュリナ 1個

松ぼっくり(カラマツ) 1個

シナモン 2個(1cmくらいにカットしたもの)

スターアニス(日本名・八角) 1個

・アクリル板(または、お菓子が入っている透明な箱など)

・ワイヤー(#20・吊り下げ用) 1個

・リボン12㎜(赤) 1m

用具

・はさみ

・カッター

・接着剤





作り方手順

1. ホイルの芯の外側にマスキングテープを貼り、カッターで周りに切り込みを入れてからカットする。

(カットしたいところに、カッターで2〜3周“切り込み”を入れておくと、曲がらずきれいにカットできます)

同様に、計12個をカット。

2. 輪切りにした芯の内側にも、表とは異なる色・デザインのマスキングテープを貼る。

(テープを芯の内径より小さく丸めて、テープの中心から貼ると貼りやすいです)

そのうちの一つに、吊り下げ用のワイヤーを取り付ける。

3.カットした芯の縁に接着剤を付ける。

4.芯にアクリル板を貼る。

乾いたら、芯からはみ出ている余分な部分をはさみでカットする。

5.芯の反対側の縁にも接着剤を付け、ラメを付ける。

6.接着剤を使い、芯の中に木の実やスパイスを貼り付ける。

7.出来上がったパーツを円に並べ、左右のパーツとの接点となっている部分に接着剤を付け、パーツ同士を貼り付ける。

8.リボンの形を整え、リースの上部に接着剤で貼り付けて完成。



作り方のポイント

・リースの土台となる芯は、厚みがあると、完成時にはしっかりしたものになりますが、カットしにくくなってしまうので注意してください(今回はアルミホイルの芯を使用)。

・マスキングテープを使用しているので、テープの貼り付けに失敗しても、気軽に何度でも貼り直せます。

気分によっては、マスキングテープの色柄を変更しても。

来年のクリスマスにはリメイクしてみるのも面白いかもしれません。

・今回は、パーツの中身に木の実やスパイスを使用しましたが、ボタンやオーナメント、造花の小花などでもOK。お気に入りのものをあしらってみると、いろいろなバリエーションが楽しめます。

(文/編集部・みゅうちぇる)

OVOのクリスマスはこちらから

OVO[オーヴォ]

この記事が気に入ったらいいね!しよう

クリスマスをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ