「完璧なクリスマスを過ごすための公式」を数学者が作成! 導き出された“3つのルール”が発表される!

12月8日(金)10時0分 tocana

※イメージ画像は、「Thinkstock」より

写真を拡大

 2017年も残すところあとわずか。もうじきクリスマスであるが、イギリスではある数学者が完璧なクリスマスを過ごすための方程式を発表した。小難しい数式が示すのは、楽しいクリスマスを過ごすためのたった三つのルールである。英「Daily Mail」が報じた。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/12/post_15323_entry.html】

■楽しいクリスマスを過ごすには?

 メリークリスマスの方程式を発表したのは数学者のティム・レン氏と作家のイアン・シェファード氏の二人。二人はこの数式が99.9%以上有効だと語っている。では、さっそく数式を見てみよう。

Pmerry: 楽しいクリスマスを過ごせる見込み(%)
Nm, Ng: 家にある携帯電話やゲーム機の台数
m, g: クリスマスの日に携帯電話やゲーム機を起動した回数
Tq: 女王陛下のスピーチ時間
T: テレビをつけている時間
M, G, Q: 悲惨係数(女王陛下のスピーチ以外、デバイスやテレビをつけなければ1。それができない家族がいたらその人数分増える)

 この数式が示すのは、以下の三つのルールだ。

・携帯電話を使わない
・ゲーム機に触らない
・どうしても必要なとき(イギリスでは女王のスピーチ)以外テレビをつけない

 テレビはもちろんスマホもゲームも見なければ、楽しいクリスマスを過ごせる可能性が100%になるということだ。

■クリスマスはスマホもゲームもテレビもなしで

 数式を発表したレン氏はDailyMailに対し、この数式を幸福なクリスマスを想像する平均的な人々のために作ったと語っている。欧米ではクリスマスに家族や親戚が集まりパーティをするが、これは日本のお正月と同じく、大勢の親戚が一堂に集まる年に唯一の貴重な機会である。一方で、レン氏はクリスマスには「楽しまなければならない」という義務感と強迫がしばしばつきまとっているとも指摘する。そして、三つのルールは牧歌的で楽しいクリスマスを実現するための鍵であると語った。

 ハッピーなクリスマスに必要なのはお互いの愛情と優しさはもちろんのこと、楽しい会話、おいしい食事、リラックスした雰囲気だ。参加者がスマホやゲームの電源を切り、お互いの話に耳を傾けることで理想のパーティは実現する。一緒にテレビを見たりゲームをしたりするのも良いが、テクノロジーと会話は相性が悪いとも指摘されている。スマホでのメッセージをやり取りに夢中になり、周囲の人々との会話がおろそかになってしまいがちだ。現代人な身に覚えがあるだろう。

 去年のクリスマスはスマホのゲームで延々と敵を倒し続けていた……なんて人もいるだろう。いくらクリスマスだからといって、スマホもゲームもテレビもなし、なんて現代人にはハードルが高いかもしれない。だが、幸いにも家族や友人たち、恋人とクリスマスパーティを開くような機会を持てるなら、皆でスマホの電源を落とすことを考えてみてもいいかもしれない。

(編集部)

tocana

この記事が気に入ったらいいね!しよう

クリスマスをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ