【激ヤバ】バイアグラ工場の臭気で住民(+犬)の勃起が止まらない! 「ひと嗅ぎでカチンコチン」“ラブ臭”を求めて観光客殺到中=アイルランド

12月8日(金)8時0分 tocana

イメージ画像は、「Thinkstock」より

写真を拡大

 大手製薬会社ファイザーの人気商品「バイアグラ」。もともと狭心症の治療薬として開発されたものだが、副作用である勃起不全の改善薬として世界中で一大センセーションを巻き起こした。我が国でもお盛んなおじ様方が競ってバイアグラを買い求めていたが、なんと、アイルランドのある村では無料のバイアグラが至る所に漂っており、村民男性からオス犬までイチモツを日夜たぎらせているというのだ!


■ラブ臭に悶える小さな村

 米誌「Newsweek」によると、アイルランド北部リンガスキディの村民らが、近隣のバイアグラ製造工場から、バイアグラの成分が滲み出していると訴えているというのだ。地元のバーテンダーであるデビー・オグラディ氏は「ひと嗅ぎでカチンコチン」と冗談交じりに語っているが、オグラディ氏の母サディさんはバイアグラ工場が建造された1998年から村の様子が確かに変わったと述べている。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/12/post_15322_entry.html】

「もう何年も私たちは“ラブ臭”をタダで吸ってますよ。驚いたことに、この村に興味本位でやって来た人々が、村を離れようとせず、定住してしまうんです。彼らは『空気に何かが入ってる』って言うんですよ。もちろん私には必要ないものですが、アレに問題のある人にとっては天からの恵みなんでしょうね」(サディさん)

 こういった声は村のあちこちから聞かれ、工場ができてから、村で空前のベイビーブームが起こっているというのだ。また、村の噂を聞きつけた物好きが、バイアグラ入りの煙の吸おうと工場の近隣に集まっているという話まであるという。


■ファイザーは否定も、看護師が反論「水にバイアグラ混入」

 深刻な少子化に悩む我が国にとっては羨ましい限りであるが、ファイザーの担当者は、工場の処理システムは極めて洗練されており、完璧にコントロールされているため、村民の話は信じられないと全面的に否定している。しかし、「International Business Times」(5日付)によると、同村に住む看護師のフィオナ・トゥーミーさんは、自身が飼っているオス犬まで“性的に興奮”した状態に陥っていると指摘、それには間違いなくバイアグラ工場が関わっていると考えているという。

「私はバイアグラ工場で取り扱っている成分が水道に混入していると考えています。少なくとも工場稼動当初、処理システムが完全にコントロールされる以前に、そういうことが起こっていたと確信しています」(トゥーミーさん)

 多くの村民はそれほど事態を深刻に捉えていないようだが、実際にバイアグラの成分が外に漏れ出していたとしたら大きな問題だ。バイアグラを服用することで、血管が拡張し、それによって勃起を引き起こすが、同時に血圧も低下する。そのため、過度に摂取することで狭心症を発症する可能性があるからだ。今のところ深刻な被害は報告されていないようだが、ファイザーには是非とも村民の声に耳を傾けてもらい、徹底的な調査をしてもらいたいものだ。
(編集部)


※イメージ画像は、「Thinkstock」より

tocana

この記事が気に入ったらいいね!しよう

バイアグラをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ