【専門家監修】玉ねぎを使った離乳食レシピ!

12月9日(月)8時27分 マイナビウーマン子育て

食材ごとの離乳食レシピと調理のコツを、離乳食に詳しい管理栄養士の川口先生にお聞きするこのコーナー。今回のテーマは「玉ねぎ」です。離乳食期に適した玉ねぎの切り方は? 加熱するときのコツとは? など、離乳食に玉ねぎを使う際の疑問にお教えいただきます。レシピは「玉ねぎのミルク煮」です!

この記事の執筆・監修管理栄養士 川口由美子(管理栄養士/母子栄養指導士) 一般社団法人母子栄養協会 代表理事女子栄養大学 生涯学習講師。大学時に小児栄養学を学んだのち、育児用品メーカーでベビーフード開発を経て栄養相談、離乳食レシピ執筆、講演会に携わる。2児の母。現在は、母子栄養協会にて離乳食アドバイザー®他、専門家を養成している。◆一般社団法人母子栄養協会HP:https://boshieiyou.org/

加熱で甘みも! 玉ねぎを使った離乳食

2019 10 25 16.34.42

玉ねぎは、苦手な子が多そうなイメージがあるようですが、じっくり加熱することで甘さが増すので、調理の仕方によってはお子さんの好きな味になる野菜です。

お肉などとの相性もいいので、玉ねぎ嫌いにさせないためにも、玉ねぎの切り方のちょっとしたコツなどをおぼえてくださいね。

玉ねぎ、離乳食期ごとの目安(初期・中期・後期・完了期)

・離乳初期(5〜6ヶ月)無理して食べさせなくてOK!もし食べさせるのであれば、茹でてから裏ごしします。

・離乳中期(7〜8ヶ月)粗みじんにして(要加熱)。

・離乳後期(9〜11ヶ月)スライスなどでも食べられます(要加熱)。

・離乳完了期(12〜18ヶ月)いろいろな大きさのものが食べられるようになりますが、クタクタに茹でたほうが辛みがなく食べやすいです。生で食べるのはまだ避けましょう。

玉ねぎは本来生でも食べられる野菜ですが、離乳食期は加熱調理します。

離乳食の玉ねぎスライスはどっち方向に切る?

離乳食や幼児食などの時期には、玉ねぎの辛みが気になることも。茹でるときなどに、一度繊維を断ち切ってから調理をすることで、独特な辛みを抑えることができます。

玉ねぎの繊維は、根←→茎の方向に通っています。この方向に対して垂直に包丁を入れ、繊維を断つように切ることで、細胞が壊れて辛み成分が残りにくくなります。

離乳食の玉ねぎ、加熱の目安は?

玉ねぎは加熱時間が短いと辛みがあって食べにくいことがあります。炒めてから煮ると、辛みも少なくなり甘さが引き立ちます。「粗みじん」「スライス」などの切り方だけにとらわれず、加熱はなるべく長めにするといいでしょう。ただし、炒める際の「焦げ」には注意しましょう。焦げると苦みが出てしまいます。

川口先生おすすめレシピ!玉ねぎのミルク煮(9-11ヶ月〜)

材料

・玉ねぎ         約20g(1/10個程度)・粉ミルクを溶かしたもの 100ml

※粉ミルクを溶かす際は、一度沸騰させた70℃以上のお湯を使いましょう。

作り方

① 玉ねぎは繊維を断ち切るように薄切りにし、軽く炒めてから水をひたひたに入れて煮ます⓶ 玉ねぎがクタクタにやわらかくなったら煮汁を捨て、溶かした粉ミルクをいれて加えます

※計量した煮汁(70℃以上)を使って粉ミルクを溶かしてもOK

Kutakuta

味付けをしなくてもミルクの味で食べやすくなります。軽く炒めてから水をいれてクタクタに煮ることで、玉ねぎから甘さも出てきてぐっと美味しくなります。少し時間はかかりますが「クタクタになる」のがポイント。じっくり加熱してくださいね。

まとめ

玉ねぎは加熱をすることで甘さが出るので、幅広いメニューに取り入れられる野菜です。離乳初期から無理に食べさせなくてもいいですが、繊維を断つように切るとやわらかくなりやすく、辛みも抜けますよ。また、煮る前に炒めると、甘さが引き立ちやすくなるでしょう。無理なく、じっくり煮込めそうな時には是非試してみてくださいね。

(文・写真:川口由美子先生)

マイナビウーマン子育て

「玉ねぎ」をもっと詳しく

「玉ねぎ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ