2019年のヒットレシピはコレだ! 「トレンドレシピ大賞2019」が発表

12月10日(火)10時50分 食楽web

2019年のヒットレシピはコレだ! 「トレンドレシピ大賞2019」が発表
食楽web

 令和への改元など、大きな時代の転換期となった2019年。「食」の世界もご多分にもれず、SNSを中心に、時代を反映した簡単においしく作れるレシピが多くの話題をさらいました。

 そこで、人気レシピ動画サービス『クラシル』では、「トレンドレシピ大賞2019」を発表! いったいどんなレシピが選ばれたのか、さっそくチェックしてみましょう。

【国民的レシピ大賞2019】
人気店続出! 大ブームの「タピオカ」

 映えある「国民的レシピ大賞2019」を受賞したのは、昨年から女子高生を中心に流行し、「タピる」という造語まで生まれるなど、今年に入って一大ムーブメントを引き起こした「タピオカ」。クラシルアプリ内の“タピオカ”検索回数は2019年5月現在で前年7月のおよそ10倍を記録したほど。タピオカを使ったドリンクや黒糖と片栗粉を使った“なんちゃってタピオカ”などのレシピも出現し、大きな反響となりました。

【健康志向賞】
低糖質食品「おからパウダー」

 食物繊維や大豆イソフラボン、大豆たんぱくなど、栄養満点なおから粉状にした「おからパウダー」。クセがなく、いろいろな料理に取り入れやすいと注目が集まり、おからパウダーの作り方からスイーツ、唐揚げなど、多彩なレシピが続出! 近年の健康志向にピタリとハマった食材ですね。

【エンタメ賞】は「天気の子」劇中レシピの
「のり塩すごもりチャーハン」

 2019年の劇場映画のなかでもダントツの興行収入、観客動員数となった新海誠監督の『天気の子』。その劇中レシピとして、Twitterを中心に話題を集めたのがこちら。のり塩味のポテトチップスに卵黄を合わせた新感覚のチャーハンは、休日のランチや夜食にもぴったり! パパッとできちゃうのでぜひ作ってみてはいかがでしょう。

【バズレシピ賞】は
リュウジさん作「じゃがアリゴ」

 安い食材で誰でも簡単に作れる「バズレシピ」の中で、群を抜いて「超バズった」レシピが、リュウジ@料理のおにいさん(@ore825)作の「じゃがアリゴ」。伸びるチーズマッシュポテトとして人気のフランス郷土料理のひとつ「アリゴ」をなんと、スナック菓子「じゃがりこ」で簡単に作れる画期的なレシピです。

ポスト・タピオカを狙う! 「映えドリンク」3選

左から「チーズティー」、「バナナジュース」、「ポッピングボバ」
左から「チーズティー」、「バナナジュース」、「ポッピングボバ」

 トレンド入りしたレシピ、いかがでしたでしょうか? どれもどこかで見たこと、聞いたことのあるものばかりですよね。さらに『クラシル』では、来年のトレンドレシピも大予測! まずは“ポスト・タピオカ”と呼ばれるドリンク3選をご紹介します。

 タピオカミルクティーを彷彿とさせる「チーズティー」は、紅茶や烏龍茶、ジャスミンティーなどにチーズクリームをのせたドリンク。タピオカ入りのドリンクを提供する店もあり、チーズの濃厚さとさっぱりしたティーのバランスが絶妙です。

 「バナナジュース」は、テレビ番組で紹介されてから注目度がアップし、続々専門店がオープン。バナナジュースは便秘解消や冷え性対策にも効果があるといわれています。バナナと牛乳のみで作るため、“賞味期限は手渡し後20分”という店もあるそうです。

 最後は韓国でブームの「ポッピングボバ」。海藻由来の膜でジュースを包んだタピオカ状の粒のことで、噛むとプチっと弾けて、口の中に甘いジュースが広がります。カラフルなのでタピオカよりも映えるかも!?

海外で流行れば日本でもブレイク! 海外フード3選

左から台湾発の「シェントゥジャン」、韓国発の「パネチキン」、「ヴィーガン/ハラールフード」
左から台湾発の「シェントゥジャン」、韓国発の「パネチキン」、「ヴィーガン/ハラールフード」

 「チーズタッカルビ」や「ハットク」「タピオカ」など、海外で人気のフードが日本でブレイクすることが多い昨今。2020年に国内で流行りそうな「海外フード」3選がこちら。

 まずは、女性を中心に人気を集めている台湾発の朝ごはん「シェントゥジャン」。温かい豆乳に干しエビやザーサイ、台湾風揚げパンなどが入っていて、ヘルシーで腹もちもばっちり。専門店も続々出店し、今後のブームが予想されます。

 チーズタッカルビに続くと思われるのが、韓国で大流行中の「パネチキン」。バゲットに入ったチーズフォンデュや、トマト風味のクリームソースに、フライドチキンを絡めながら食べる料理です。伸び〜るチーズものが最近流行ってるので、この組み合わせは日本でも人気が出そうですね。

 最後は完全菜食主義者「ヴィーガン」やイスラム教徒が安心して食べられる「ハラールフード」。オリンピックイヤーで多くの外国人観光客が訪れる2020年は、より多様な食ニーズへの対応が求められる年になりそうです。

 そのほか、チキンとチーズの合わせ技の「UFOチキン」や、豆乳スイーツ「豆花」なども人気で、海外発の食が流行することはほぼ確実。ますます食の楽しみが広がりそうな2020年が待ち遠しいですね。

●DATA

クラシル

https://www.kurashiru.com/

※レシピ動画サービス「クラシル」提供

食楽web

「レシピ」をもっと詳しく

「レシピ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ