ダクトテープで壁にバナナを貼り付けたアート そのバナナを食べちゃうのがパフォーマンスアート

12月11日(水)21時0分 ガジェット通信

ダクトテープで壁にバナナを貼り付けたアート そのバナナを食べちゃうのがパフォーマンスアート

写真を拡大

12万ドル(約1300万円)で購入されたアートを、自身の“パフォーマンスアート”として食べてしまった男性が話題となっています。

https://www.instagram.com/p/B5yIFp2hyE-/
事の顛末を一部始終動画で記録し、悪びれることもなくInstagramで公開した、デイビッド・ダトゥナさんというパフォーマンスアーティストがバナナを食べた張本人です。自称“ハングリー・アーティスト”を名乗っています。

被害にあってしまったのは、「アート・バーゼル」という米フロリダ州マイアミビーチで開催された現代美術展に出展されていたイタリア人アーティスト、マウリツィオ・カテランさんの「コメディアン」というダクトテープで壁にバナナを貼り付けた作品。

https://twitter.com/isaaacarrasco/status/1203388720143097857
美術展のスタッフに連行されるダトゥナさん。周囲からは早くも「バナナマン」と声をかけられていますね。

https://www.instagram.com/p/B56YIoQBwt1/
美術展の責任者によれば、「バナナはあくまでアイデア」ということでお咎めなしとなったダトゥナさん。その後、バナナは新しいものに交換されたそうです。ついでというわけではないのでしょうが、バナナを食べているダトゥナさんの顔もアートになってしまいました。

※画像:Instagramより引用
https://www.instagram.com/p/B5yIFp2hyE-/

※ソース:
https://www.miamiherald.com/entertainment/visual-arts/art-basel/article238148809.html

(執筆者: 6PAC)

—— 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

ガジェット通信

「バナナ」をもっと詳しく

「バナナ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ