「そろそろプロポーズかな」彼が結婚を意識するタイミング

12月11日(水)11時0分 ハウコレ



「そろそろ結婚してもいい時期かな?」と思っているのに、彼の気持ちが見えない!とモヤモヤしてしまいますよね。今回は、言葉にして「結婚したい」と言わないまでも、彼が「そろそろ結婚かな」と意識するタイミングを紹介します。


■◆体調不良のとき

「体調を崩して、家で寝ていたときに彼女がお見舞いに来てくれました。家のことをやってくれて本当に感謝したしなにより助かりました。いつまでもひとりでいるのもなぁと、そのとき結婚を意識しました」(29歳/メーカー)


「大きい病気をしたときに、彼女が『大丈夫だよ!』とずっと励ましてくれて病院に何回もお見舞いに来てくれました。さらに病室で自分の家族にも会って挨拶までしてくれました。そのタイミングで結婚を考えて本当に結婚しました」(32歳/マスコミ)


体調を崩したときは、一番近くで自分を支えてくれる人の存在がはっきりするときです。身の回りのお世話や看病をしてくれるだけでなく、精神的な支えにもなってくれるあなたの存在に彼が気づけば、家族になるというイメージが湧くでしょう。


■◆親友の結婚式に参加したとき

「幼馴染の結婚式に参加したときに、感動して号泣。家族になることの素晴らしさを本当に実感しました。自分もこんな風に結婚して家族を作っていきたいなと具体的に思いました」(29歳/メーカー)


「親友の結婚式に行くと、幸せオーラをもらって帰ってくる気がします。結婚を意識してなくても、結婚っていいなって心から思いますね」(26歳/不動産)


仲の良い友人の結婚式に参加すると、そのおめでたい席で家族の絆や温かみにふれられるもの。そんな素敵な時間が、いずれ自分もこんな風に家族を作りたいなという具体的な気持ちになります。友人の結婚式には彼を気持ちよく送り出してあげましょう。




親戚の子が生まれたとき「兄が子供を産んだとき、両親が本当に嬉しそうだった。自分もいつか親孝行しなきゃなと思ったしなにより子供がかわいかったから真剣に結婚を考えるようになりました」(28歳/テレビ)


「歳の離れた妹が結婚して、子供を産みました。家庭をちゃんと作っていて、自分もいつまでもぼーっとしてるわけにはいかないなと焦りました」
(29歳/メーカー)


身内の出産は、具体的に家族を作ることをイメージさせます。両親の喜ぶ顔や幸せそうな身内の顔を見ることで、彼も「いつか俺も・・・!」という気持ちが出てくるでしょう。また、家族や親戚にも「次は〇〇の番ね」などとおせっかいをされて、良くも悪くも結婚に対する意識が出てくるタイミングだといえます。


■◆仕事で成果がでたとき

「プロジェクトリーダーになって、その仕事が成功したときに上司に『これで一人前になったな』と言われました。自分に自信がつきました。そのときに付き合っていた彼女にそろそろかなと思いプロポーズしました」(30歳/出版)


男性にとってのプロポーズのきっかけは、自分に覚悟や自信がついたときというタイミングもあるでしょう。仕事で成果が出たときに、好きな人を幸せにすること・家族を養うことへの自信が出てきて結婚を意識するということもあるようです。


■おわりに

男性にも結婚を意識する瞬間はたくさんあります。無理に急かしたりせず彼の状況をよくうかがって見ていてください。もしかしたら口にしていないだけで結婚を考えているなんてこともあります。彼の気持ちをうまく汲んでふたりの関係を進展させてくださいね。(夏目英実/ライター)


(ハウコレ編集部)

ハウコレ

「結婚」をもっと詳しく

「結婚」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ