今日の21時から夜空にロックオン!ふたご座流星群が好条件で見られるぞ!(2018年12月13日〜14日)

12月13日(木)14時30分 カラパイア

iStock-508923890_e

 年間三大流星群の1つ、ふたご座流星群が2018年12月13日から14日の2夜連続でやってくる!極大となるのは12月14日(金)の21時頃で、空の暗い所では1時間あたり、40個ほど見ることができるそうだ。

 今年の天体ショーは、天気に邪魔をされて恵まれない日が多かったが、今回は太平洋側を中心に大体晴れる見込みとなっており、平成最後の巨大流星群を見られる絶好のチャンスが到来だ。

 今から願い事をメモってスラスラと暗唱できるようにしておこう。最大10個くらいまでは流れ星に向かって願い事言えそうな予感ぐ!

・南の空の見え方をシミュレーション

 以下の動画は、天文ソフト「ステラナビゲータ」を使用し、ふたご座流星群の南方向の空の見え方をシミュレーションしたものだ。

 放射点を中心に、流れ星が飛ぶ様子がよくわかる。


2018年ふたご座流星群のシミュレーション(南の空の見え方)


・◆ふたご座流星群を見る方法

・時間帯
流星群がみられる時間帯は2018年12月13日(木)と14日(金)の21時以降から未明まで。予想外のタイミングで流星が活発に出現する可能性もあるので、なるべく長い時間観察してみよう。

22時頃から本格的に流星が現れ始め、放射点の高度が最も高くなるのは2時頃と予想されている。

特に月が沈む0時半過ぎには絶好の条件で見ることができる。

・方角と場所
どの方角から見ることができるが、なるべく暗くて空が広く見渡せる見晴らしのいい場所に行こう。

熟達した観測者は明るい中でも多くの流星を探すことができるが、初心者は暗いところほど見つけやすいのだ。

・観測方法
望遠鏡や双眼鏡を使うと視野がたいへん狭くなってしまう。肉眼で観測したほうが見つけやすい。

屋外に出てから暗さに目が慣れるまで少し時間がかかる。最低でも15分間は観察を続けてみよう。きっとどこかに見つかるはずだ。

寒い時期なので防寒対策は万全に。また事故などに十分注意し、まわりに迷惑がかからないような配慮も必要だ。

radiant-s_e

今回は全般的に天気に恵まれているようだし、月も12月15日が上弦となるため、月明かりに邪魔される時間も少ない。

平成最後のビッグな流星群イベント、1年分の願い事をふたご座流星群にぶつけてみようじゃないか!(スマホのメモに願い事を書き込みつつ...やばい多すぎてまとまらない。貪欲すぎて流星が足りな、そうだ!魔法が使えますようになら1個で済むのか.....

 ちなみに以下の映像は12月10日にふたご座流星群を撮影したものだそうだ。ちなみにふたご座流星群は12月5日頃から12月20日頃まで来ているので(最も多く見えるのが12月13日-14日)、観測に慣れてる人ならもう既に何度も願い事かなえちゃってるのかも(そこかよ


2018年ふたご座流星群 ウィルタネン彗星と流れ星

 BGMにBUMP OF CHICKENの『天体観測』用意しとくか...

References:ふたご座流星群2018 | 国立天文台(NAOJ)

カラパイア

「ふたご座流星群」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「ふたご座流星群」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ