出会いのきっかけをつくる!気になる男性に連絡先を教える方法

12月14日(土)14時0分 ハウコレ



運命的にタイプの人に出会ったとしても、連絡先を交換できなければそのあとに繋げることは難しいでしょう。


男性の方から聞いてくれれば手っ取り早いですが、そう上手くいかない可能性だってあります。簡単な「キッカケ作り」をして、カレと連絡を取る手段を勝ち取りましょう。


そこで今回は、気になるカレにアナタの連絡先を教える方法について紹介いたします。皆さんもぜひ、参考にしてみて下さいね!


■1.紙に書いて渡す

「この前クラブに行ったら、いきなりキレイな女の人から連絡先が書かれた紙を渡されたんだよね。『えっ!?』ってあたふたしていたら、『待ってるね』って言っていなくなりました・・・。もう気になっちゃってすぐ連絡しましたね(笑)」(23歳/ベンチャー)


ミステリアスな女性って、やっぱり魅力的。紙に書いた連絡先をひっそり渡すことで、カレはアナタに釘付けになっちゃうこと間違いナシです。


また、渡したらすぐにいなくなることもポイント。出会いの場に行くときは、何枚か連絡先を書いた紙をストックしておくと良いかもしれませんね。


■2.一気に仲良くなる

「いきなり『連絡先交換しませんか?』って聞かれたら抵抗あるけど、連絡先交換してないとおかしいくらい仲良くなれば自然と交換しちゃうよね。」(21歳/学生)


少し難しいかもしれませんが、連絡先を交換していないのがおかしいくらい出会ったときに仲良くなるのが一番確実な方法です。趣味など共通点を探して仲良くなるためのとっかかりにしましょう。


「あれ、そういえば私たち連絡先交換したっけ!?してないよね!」なんて言っておどけてみせれば、カレも笑顔で応じてくれるはずですよ。


■3.話を盛り上げて、帰るときに「続きはLINEで」

「女性と話が盛り上がっていたんですけど、わりと早い段階でその人がもう帰るってなって。そしたら『続きはLINEでね』って言って連絡先を教えてくれました。すぐに連絡してすごく楽しかったです。」(24歳/商社)


話を盛り上げて、「続きを話したいのに」とカレに思わせることができれば勝ちです。カレから連絡先を聞かれやすくもなりますし、自然な流れで自分の連絡先を教えることができます。


最初は満足するまで話さずに、「まだ足りないな」と思わせることがポイント。うまくチラ見せをして、カレの連絡先をゲットしちゃいましょう。


■4.用事を作る

「私だったら、連絡先を交換しなければいけない用事をムリヤリ作っちゃう(笑)そうすれば自然な流れで交換できますしね。」(24歳/事務)


どんな用事でも構いません。ただ「連絡をしなければならない」用事を無理にでも作れば良いのです。


たとえば、「○○を貸してもらう」という約束。「返してもらうときどこがいいかな?あっ、連絡取りたいから交換しよ!」と思い出したように言いましょう。自然な流れでアナタの連絡先を教えることができるはずですよ。


■おわりに

これらを実践すれば、カレに簡単に連絡先を教えることができます。草食系男子が多いこのご時世。女性からもガンガンアピールして、気になるカレを捕まえちゃいましょう!(霧島はるか/ライター)


(ハウコレ編集部)

ハウコレ

「出会い」をもっと詳しく

「出会い」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ