眠る“サンタと赤ちゃん”絶賛、サンタの機転で生まれた1枚が話題に。

12月15日(土)9時48分 ナリナリドットコム

クリスマスが近づくと、米国では各地のショッピングモールなどにサンタさんが現れます。正確には、子どもたちがサンタさんとお話や記念撮影ができるコーナーのこと。子どもにも親にも人気の季節の風物詩です。先日、アイダホ州のあるショッピングモールにもそんなコーナーが設けられ、撮影会が行われました。そこで撮影された、サンタさんと赤ちゃんの写真がかわいすぎると、ソーシャルサイトを中心に話題を呼んでいます。

この写真は同州西部ボイジーにある「ボイジー・タウン・スクエア・モール」で撮影されたもの。先日、この地区に住むセーラ・ペイズリーさんは、生後8か月の息子キプティンくんを連れて、サンタさんと写真を撮ってもらうため列に並んでいたそうです。しかし週末だったこともあって、家族連れで賑わったコーナーは長蛇の列。30分ほど待っていたものの、ようやく自分たちの順番になったときには、キプティンくんは待ちくたびれて眠ってしまいました。

眠ってしまっては写真撮影は無理、それにほかにも待っている人が後ろに並んでいるし……と、セーラさんは一緒だったキプティンくんの祖母と話し合ってその日は帰ることに。ところが、列を離れようとするとサンタさんが「おいで、おいで」。セーラさんらは、驚きつつもサンタさんの待つ撮影セットにキプティンくんを連れて上がりました。

サンタさんは片手に絵本を持つとソファに寝転び、今度は「お腹に赤ちゃんを乗せて」という仕草。サンタさんは赤ちゃんを起こさないように、そっとお腹の上に抱っこすると、今度は自分も眼を閉じてポーズを取ったのです。

すると、そこには「赤ちゃんに絵本を読み聞かせて眠らせた後、自分もなんだかウトウトしてしまったサンタさん」という愛らしいシーンが出来上がっているではありませんか。セーラさんも「クリスマスの思い出の中で、最高のもの」(Facebookより)と、感動したそうで、自分のカメラでもその様子を撮影しました(※通常はプロのカメラマンが撮影しますが、セットの脇で家族も撮影可能となっているそうです)。

この写真をFacebookにある子ども服メーカー「Carter」のページに投稿したところ、ストーリー性のある愛らしさが瞬く間に話題に。コメント欄には「これまで見たなかで最高のクリスマスの一枚」「やさしいサンタさんだね!」「赤ちゃんもサンタさんも最高にキュート」と、絶賛の声がズラリ。特に寝てしまった赤ちゃんを見て機転を利かせたサンタさんに対する感謝のコメントが多く寄せられています。

本当に見ているだけで、ほんわかとしてくる写真ですね。

ナリナリドットコム

「赤ちゃん」をもっと詳しく

「赤ちゃん」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ