薄給を嘆くことは"甘え"?「転職11回、現在は手取り37万円」「努力しないで愚痴を垂れて誰が助けたいと思いますか?」

12月16日(月)7時0分 キャリコネニュース

低賃金でも働き続けることに対し、具体策を提案する投稿が寄せられた。

キャリコネニュースが掲載した「12年勤務して手取14万円『日本終わってますよね?』」という記事にいまだ賛否両論が寄せられている。実業家の堀江貴文さんが「日本がおわってんじゃなくて『お前』がおわってんだよ」とツイートし、話題になった。

実際、低い給料にも関わらず働き続けることは"自己責任"なのだろうか。管理・事務職の30代女性からは、「会社は、従業員の人生に責任を持ってくれないものだと思っています。ただ駒として扱っているだけです」といい、

「不満があるのなら、転職や人事に訴えるなど行動して、自分が変わるしかありません。私も手取り12万で残業代が出ない今の職場を辞めることにしました」

と自らの経験を述べる。今回は低賃金でも働き続けることに対して、具体策を提案する投稿を紹介する。

勤続12年の40代女性、パート→契約社員に変わるも「同じ給与でいいですよね?」


管理・事務職40代女性は、本題の投稿者と近い境遇だという。扶養範囲内のパートだが、勤続年数は12年。来年からフルタイムの契約社員に変わる。それに伴い、「12年前と同じ給与でいいですよね?」と聞かれた。

「扶養の範囲で働きたかったので12年間昇給もなく、その後の扱いもこれかと唖然としました。計算すると17万円なので手取りは14万円ぐらいです。この記事と同じです」

女性は新人ではないため、給与面は交渉するつもりだという。「何も行動しなければ変わらないのではないでしょうか?」と述べている。

建築・土木系技術職の40代男性は現在、社会保険完備で手取り額は37万円、ボーナス年2回の企業に勤めている。この企業に勤めるまで、「高校を卒業してから現在まで11回転職している」という。そのため、現状を改善しようとしない投稿者に疑問を抱いている。

「学歴も職歴も健康も、無いなら無いなりに努力して最善を尽くすしかない」

IT系技術職の30代女性は、就職氷河期で苦しんだ経験を語る。氷河期世代といっても幅広いが、その真っ只中を過ごしてきた。女性には学歴もなく正社員経験もないというが「元々PCオタクだったのを生かして派遣のコールセンターに就職しました」という。

「時給1550円で働いていましたが、働きすぎて鬱病になり、7年引きこもりました。でも36歳で技術的には前職より上のランクのネットワークエンジニアになり、現在時給1800円で働いています」

夜勤もあるため年収は420〜490万円程度、月の手取りが30万円を切ることはないという。片言だった英語もビジネスレベルに上達させた。FXの勉強もしており、手応えを掴めつつある。

「氷河期だからとか恨み言を言っても誰も助けてくれません。学歴も職歴も健康も、無いなら無いなりに努力して最善を尽くすしかないと思います。努力もしないで愚痴を垂れて、誰が親身に助けたいと思いますか?」

手厳しい意見ではあるが、裏を返せば「努力する姿に手を差し伸べてくれる人はいる」ということではないだろうか。アクションを起こせば、可能性も広がるはずだ。

※キャリコネニュースでは「"自爆営業"エピソード」や【アンケート】会社の忘年会、必要だと思いますか?に関するアンケートを募集しています。

※キャリコネニュースではお悩みを募集しています。恋愛、仕事、人間関係など幅広く、男女問わず中学生から定年後のシニア世代まで、あなたのお悩みを聞かせてください。


キャリコネニュース

「転職」をもっと詳しく

「転職」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ