きちんと振り返り!過去の恋を次の恋に活かす恋愛マスター術

12月16日(月)14時0分 ハウコレ



恋に傷ついて疲れていると、次の恋に向けた気力も出ませんよね。でも、失恋を経て成長していけば、恋の質もだんだんと上昇していくはず。
さらに素敵な恋をしていくために、過去の恋を次の恋に活かす方法をマスターしましょう!


■1.過去に付き合った男性の特徴を書き出す

まずは自己分析をしてみましょう。
あなたはどんな男性と付き合ってきましたか?
その人は、どんな性格の人でしたか?
どんなデートをしてくれましたか?
思い出せることをノートに書き出してみましょう。
そこで共通点があれば、あなたが好きな男性のタイプはその点で表せるということでしょう。


■2.うまくいかなかった理由を書き出す

今度はうまくいかないな、と感じたときのことを思い出してみましょう。
別れた理由を思い出してみたり、もしくは、ケンカをした時の内容を思い返してみても良いです。・相手のすぐにイライラところに耐え切れず別れた
・自分のせっかちな性格が原因で別れた
・嫉妬で相手を困らせてしまった
・束縛されたことに耐えられなかった
などなど、これまでの恋愛においてはどんな所でつまずいていたのか、整理してみましょう。


■3.自分の欠点を見つけていく

では上記の2つのポイントから、自分に足りないところ、マイナスになっているポイントを見つけてみましょう。


例1)モテやすい人が好きで、嫉妬からケンカになることが多かった人。
・イケメン好き、面食い・・・見た目から恋に走ることが多いのかも。性格や内面性をしっかり見つめながら恋をスタートしたほうが良い。
・嫉妬をする・・・自分に自信がないから、自分を見てもらえないと不安で仕方がなくなる。自分磨きが足りなかった。


例2)ネガティブで自信がない。相手の行動を許しすぎて浮気をされる。
ネガティブ・・・「どうせ私なんか」と、最初から諦めてしまう。挑戦して、自信をつける行動力が足りない。
・優しすぎる・・・自信がなくて、自己主張ができない。意見を伝え合ってお互いの気持ちを知ることが大切。


このように、自分の行動と足りないところを客観的に考えてみましょう。
ここであがってきた自分の欠点こそが、次の恋に向けての改善点になるのです。


■4.行動範囲を広げよう

恋に夢中になったり、恋に傷ついて心をふさぎ込んでいると、周りに目が行き届かなくなりがちです。
最近会っていない友達はいませんか?家族と話していますか?
恋に夢中になって、大切な人たちとの時間がおろそかになっていたとすれば、まずはそれを取り戻しましょう。
あなたの力になってくれる人は必ずいるし、何よりそれが恋をする上での自信となるはずです。
さらに、新しい映画や本を読むなど、趣味の視野を広く持つようにしたり、行動範囲を広げることも大切です。
触れたことのないものに多く触れることで、「こんな世界があるんだ!」と、前向きなパワーを受け取れるでしょう。
実際そうやってキラキラと活発に進む人には、新たな出会いも必ずついてきます。


■おわりに

待っているだけでは素敵な運命の人はやって来てはくれません。
自分がステップアップするからこそ、次の恋もレベルアップした素晴らしいものになるのです。
自分の弱点を見極めて、たくさんのものに触れて、恋愛マスターを目指してくださいね☆(あやか/ライター)


(ハウコレ編集部)

ハウコレ

「恋愛」をもっと詳しく

「恋愛」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ