山本一郎氏、カドカワ川上社長を提訴…ブロッキング記事の削除めぐり応酬

12月17日(月)16時5分 弁護士ドットコム

関連画像

写真を拡大

出版大手カドカワ社長の川上量生氏が、作家・投資家の山本一郎氏からインターネット上で個人攻撃を受けたとして、記事の削除などをもとめたことを受けて、山本氏が、同社と川上氏を相手取り、削除義務の不存在を確認する訴訟を起こした。その第1回口頭弁論が12月17日、東京地裁であった。カドカワ側は、訴えを却下するようもとめた。


訴状などによると、川上氏は今年11月7日、山本氏が投稿したブロッキングに関する記事やツイートが、カドカワや川上氏に対する名誉毀損にあたるとして、その削除などをもとめて、山本さんが研究員として所属する一般社団法人情報法制研究所に通知した。山本さんは11月14日、名誉毀損などにあたらないなどとして、東京地裁に提訴した。


カドカワ側は、通知は(1)一般社団法人情報法制研究所あてに送付・抗議したもので、原告に送付したものではなく、法的に削除請求したものではない、(2)「カドカワ株式会社 代表取締役」を川上氏の肩書きとしているが、カドカワを代表して作成したものではない——などと反論している。


(弁護士ドットコムニュース)

弁護士ドットコム

「カドカワ」をもっと詳しく

「カドカワ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ