20代とは違う!35歳からの恋愛での注意点3つ

12月18日(月)21時50分 All About

20代のころの恋愛とは違い、35歳を超えると恋愛も随分変わってくるものです。今回は、35歳以上の人が恋愛をするときの注意点を紹介します。

写真を拡大

35歳から恋愛したいときの注意点

20代のころの恋愛とは違い、35歳を超えると恋愛も随分変わってくるものです。だからこそ、自分も若かった頃の感覚で恋愛をしようとすると、うまくいかなくなってくるでしょう。

今回は、35歳以上の人が恋愛をするときの注意点を紹介します。

ポイント1.年相応の魅力を持たないといけない

恋愛相手が10歳以上年上であれば、相手から見れば「若さ」はありますが、同世代や年下を恋愛のターゲットとするのであれば、若い女性が持っていない“年相応の魅力”がないと、恋は掴みにくくなるものです。

では、大人ならではの魅力は何か?と言えば、まず1つ大事なものは「自分を持っていること」です。ある程度の年齢になっても自分を持っていない人というのは、話していてもあまり面白みがないので、相手に興味を持ってもらいにくくなります。興味を持たれなければ、恋愛には発展しなくなってしまいます。

自分の考えやポリシーを持って生きている姿は魅力がありますし、歳を重ねた分だけ、深い味わいが出てくるもの。それは、それなりの経験がないと出てくるものではありません。もちろん個性が強すぎると、合う人は限られてきますし、ポリシーを持っているが故に頑固になってしまったら、上手な人付き合いはできなくなります。だから、程度は大事ですが、大人の年齢になると、単に異性として惹かれるだけではなく、人として魅力を感じたり、どこか尊敬できたりするところから恋愛感情が生まれることもあるものなので、単に「女性(男性)としての魅力」で勝負するのではなく、こういった “人間力”も武器にした方がいいでしょう。

もう1つ年相応ならではの魅力を挙げるとすれば、やはり「包容力」です。若い時は自分にいっぱいいっぱいであっても、ある程度の年齢になったら、自分のことだけではなく相手の立場に立ってきちんと物事を見られたり、相手の思いを受け止めてあげられたりするような「器の大きさ」も問われてきます。

自分のことを理解されようと、自分の話ばかりをするのではなく、きちんと相手の話を聞いてあげ、理解を深めていくことは、大人の余裕があるからこそできることです。

包容力の中には、相手の欠点に対しての「対応力」も含まれます。単に相手を責めて自分の理想通りに変えようとするだけでは、ある意味、“お子ちゃま”です。ある程度のことなら“対応できる自分”になってこそ、大人なのです。

中身が成長しないまま、外側だけ年相応になってしまったら、モテにくくなるのは当然のこと。大人ならではの魅力を持ちたいものですよね。

ポイント2.自立をしていた方がいい

日本人は、「パートナーは若い方がいい」と思っている人は少なくないですが、もちろん敢えて「大人の相手」を選ぶ人もいます。

そういう人がパートナーに望むことと言えば、やはり「自立していること」です。ある程度、大人になったら、若い人にはない魅力を持つ必要があります。その最も大切なポイントが「自立できているか」ということです。

若い頃ならまだしも、大人の年齢になっても、精神的にも経済的にも自分1人を支えられないようでは、ちょっと自分に対して甘いかもしれません。「精神的な自立」で言えば、パートナーを束縛し、コントロールしようとするようであれば、まだまだ相手に依存しています。逆に、相手を信じ、自由にさせてあげられる人ほど、自立できているとも言えます。「精神的な自立」は、誰もが通らなくてはいけない“大人の成熟への壁”なので、そこから逃げていないで、きちんと乗り越えられるようになった方がいいでしょう。

「経済的な自立」に関しては、独身でいるうちは、自分1人くらいは養えるくらいの経済力はあった方がいいでしょう。それは、単にお金だけの話ではなく、「1人で立っていられる自分でいるぞ!」と思うほどの自立心があるか否か、という話なのです。

もちろん世の中には、親の介護や自分が病気がちで思い通りに働けなくて、自立できない環境の人もいます。その場合、仕方がないにしても、それを理解して恋愛対象にしてくれる人がどれだけいるか?というと、恋愛初期の段階では、相手にとってはそんな事情は関係ないものなので、現実的に恋愛対象から外されてしまう可能性は高いです。

だったら、「それ以外の魅力」を持つしかありません。相手が本気であなたを好きになれば、どんな事情があろうと「パートナーになりたい」と思ってくれるものです。そう思ってもらえるほどの魅力は何なのか?をきちんと考え、磨くことが重要なのです。世の中、お金だけが全てではないですしね。

つまり、「自分は●●だから、自立できなくてもしょうがない」なんて言い訳をしているうちは、誰も理解をしてくれません。そうではなく、「自分は自立できていないけど、その分、あなたに●●をしてあげることができる」という、なにか別の魅力を持てるようになることが大切なのです。これは男女問わず言えることで、世の中、パートナーの男性に主夫になってほしいと思う女性もいなくはありません。経済力がなくても、そういう相手となら上手くいく可能性はあるので、自分が稼がない分、相手の何をサポートできるのか?を考えてみるといいでしょう。

ポイント3.折り合いが付けられるか

大人になって、自分のライフスタイルが固まり過ぎると、段々、「自分に合わせてくれる、都合のいい相手」を求めがちになります。

でも、そんな何でも合わせてくれるような従順な人がいるのか?というと、難しいものです。

やはり人は、相手に合わせてばかりいて自分らしさを失ってしまうと、辛くなってきて、相手から離れたくなってきます。だから、相手を自分に合わせさせようとする人ほど、フラれてしまうことが多いのです。

特に男性は、「リードする」のと「自分の思い通りにする」のを混合している人も少なくありません。相手の好みを無視して、自分の赴くままに女性をリードしたところで、それは「エスコート」とは言えません。自分の行きたいところに連れて行くことがエスコートではないのです。それは、「あなたの行きたいところに、相手が付き合っている」だけのことです。相手の意向を聞いて、叶えてあげることこそがエスコートなのです。

人によっては、すでに自分の家を購入していて、そこに一緒に住んでくれる相手を探すパターンもあるでしょう。ただ単に「家を持っている」から魅力的か、というと、そうとも言い切れず、相手には相手の事情があるので、折り合いを付けていかないといけません。もし相手が同じように35歳以上であれば、それなりの仕事を持っていることも多いので、相手の状況もきちんと理解しないとうまくいかないことも多いでしょう。

時には、自分の理想とは違って、「週末婚」「別居婚」などの選択が必要となることもあるかもしれませんが、それでもお互いに一緒に生きていきたいのであれば、折り合いを付けていくことが大切です。というよりも、むしろ「それなら、一緒になりたくない」程度の愛情しか持っていないようであれば、それは自分にも問題があります。

どんな状況でも、一緒にやっていきたいという「愛情」と、お互いに折り合いを付けて、自分も変わっていこうと思えるような「柔軟性」がなければ、単に頭の堅い「おじさん」「おばさん」になってしまっていますしね。

逆に女性の場合も、自分のライフスタイルが固まり過ぎると、相手に合わせられなくなってきます。それでは、相手に寂しい思いをさせてしまうかもしれません。「相手の趣味を自分もとりあえずやってみる」くらいの柔軟性がないと、何かお互いに共通する好きなことがなければ、一緒にいても楽しくなくなってしまいます。

大人の関係だからこそ、単に「男と女の惚れた腫れた」だけでは長続きしなくなります。それだけでは相手に飽きてくることも多いからです。だからこそ、一緒にいると楽しくて心地よい関係を作るためにも、お互いに相手に合わせていき、歩み寄っていく必要があるのです。

35歳からの恋愛が難しい理由

35歳以上の人の恋愛は難しいものです。なぜなら自分のライフスタイルが確立してくる年齢であり、さらに、「自分を持っている」ことは大切でありながら、それが度を過ぎると、「相手に合わせられなくなる」という悪い部分が出てくるからです。

結局、大人の年齢になったからこそ、「自分を持つこと」と「相手に合わせること」の<バランス>と、「条件が合わなくても一緒にいたい」と思えるくらいの<愛情>を持てるようになることが、重要なのです。この<バランス>と<愛情>は、大人でも持つのが難しいものでもありますが、逆を言えば、若者ではない大人だからこそ持てる能力とも言えます。

35歳以上の人は、「自分を持つこと」「自立をすること」「折り合いを付けること」を心がけ、バランスと愛情を持って、いい恋愛をしましょうね。
(文:ひかり )

All About

この記事が気に入ったらいいね!しよう

恋愛をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ