これぞビールの最強のアテ! 「たこぶたキムチ和え」の作り方

12月19日(木)10時50分 食楽web

これぞビールの最強のアテ! 「たこぶたキムチ和え」の作り方
食楽web

職場から帰宅して、料理をする気力も体力もない…そんなときに身近な食材を使ってちゃっちゃと手軽に作れて、しかも美味しい! そんな男子が喜ぶレシピを、料理研究家・奥田ここさんに教えてもらいます。

 今回は、白菜キムチとタコと豚肉を和えるだけの絶品おつまみ「たこぶたキムチ和え」をご紹介します。外食の機会も増える12月、たまには早めに帰って家でのんびり晩酌を…そんなときに絶対オススメの簡単すぎるクイックおつまみです。

 白菜キムチのピリッと辛くて深い味わいに、タコの食感と豚肉の旨味が三位一体となった、魅惑の酒肴です。では、さっそくレシピをご紹介しましょう

「たこぶたキムチ和え」の作り方

材料(2人分)

・茹でタコ……70〜80g
・豚肉(薄切り)……70〜80g
・ニラ……1/2わ
・白菜キムチ……50g
・長ねぎ……8cm
・生姜……10g
・ごま油……大さじ1
・醤油……小さじ1・1/2
・柑橘の搾り汁……適量
・白ごま……小さじ2

作り方

1.米酢(分量外)を少々たらした熱湯に茹でたこをさっと通し、一口サイズのそぎ切りにする

2.3〜4cm長さに切ったニラを、米酢(分量外)と塩ひとつまみを入れた熱湯で茹で、ニラを取り出した後、さらに豚肉を茹でる

3.白菜キムチを2〜3cm長さに切る

4.長ねぎを粗みじん切りにする

5.生姜をおろす

6.ボウルに、ごま油・醤油・白ごま・4.の長ねぎ(少し取っておく)・5.のおろし生姜を入れて混ぜ、そのボウルに1〜3の材料を入れてよく和える

7.仕上げに柑橘(レモンやヘベスなど)を少々搾って器に盛り、残しておいた長ねぎを散らしたら出来上がり

 美味しく作るコツは、タコや豚肉の表面に白菜キムチが絡みやすくなるよう、タコをそぎ切りにし、豚肉は薄切りを使用すること。そして合わせる香り野菜は白菜キムチの力強い旨みに対抗できるニラと生の長ねぎを使うのもポイントです。

 仕上げにフレッシュの柑橘を搾ることで、食べ飽きない爽やかさに。寒い時期、温かい部屋で冷たいビールを味わう時の最高のお供です。ぜひお試しくださいね。

●プロフィール

奥田ここ

国内外各地の市場を「師」とあおぎ、旬の食材を中心にした和食及びイタリア料理の料理教室を主宰。外国の方の参加や元築地市場内での調理室など、様々な場所とスタイルで開催するほか、各種媒体・広告へのレシピ提供や、食材産地の取材および食に関する話題の企画・執筆に加え、個別の要望に応じた出張料理や料理提案など、国内外問わず活動中。素材の味を大切にし、無駄なく使い切る献立作りを心掛けている。
(https://www.instagram.com/kokookuda/)

食楽web

「キムチ」をもっと詳しく

「キムチ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ