【中学受験2020】日能研「予想R4偏差値一覧」首都圏12月版

12月23日(月)17時45分 リセマム

男子2月1日

写真を拡大

日能研は2019年12月23日、2020年中学入試に向けて予想した「R4偏差値一覧」の首都圏12月11日版を公表した。合格可能性80%ラインの偏差値は、筑波大駒場(72)、開成(71)、桜蔭(67)、灘(71)など。

 「R4」とは、合格可能性を示す数値で、偏差値による合格率の各段階(RANGE=レンジ)を示し、R4は合格可能性80%を意味する。また、「予想R4一覧」は、結果R4をもとに2020年入試での試験日・定員・入試科目の動きと合判テスト結果を見ながら予想してまとめた一覧表。男女別に合格可能性80%ラインを掲載している。

 予想R4一覧によると、男子難関校の入試日と偏差値は、2月1日が開成(71)、麻布(67)、武蔵(65)。2月2日が渋谷渋谷2(68)、渋谷幕張2(68)、聖光1(68)、栄光(66)、広尾・医進(66)。2月3日が筑波大駒場(72)、筑波大附(68)、都立小石川(67)、早稲田2(66)、海城2(65)。2月4日が聖光2(69)。

 女子難関校は、2月1日が桜蔭(67)、早稲田実業(67)、渋谷渋谷1(66)、女子学院(66)。2月2日が渋谷渋谷2(68)、渋谷幕張2(68)、豊島岡1(67)、慶應義塾湘南藤沢(66)、広尾・医進(66)、洗足2(65)。2月3日が慶應義塾中等部(68)、筑波大附(68)、豊島岡2(68)、都立小石川(67)、お茶の水大(65)。2月4日が豊島岡3(68)。

 詳細は、日能研のWebサイトで確認できる。

リセマム

「首都圏」をもっと詳しく

「首都圏」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ