ガーゴイルだって嘔吐する。口から「つらら」を垂れ流す彫像たち

12月25日(水)14時30分 カラパイア

00

 年末は忘年会ラッシュ、思わず飲みすぎて戻しがちな人の多い時期だ。でもってこの時期、ガーゴイルも嘔吐するらしい。

 西洋建築の屋根に設置されているガーゴイルなどの彫像は、通常時は雨樋(あまどい)として水を排出しているんだけど、寒くなると水が凍ってしまい、口からつららがぶら下がってしまうんだ。

 だもんだからどうみても吐いているようにしか見えなくなってしまう。
 飲みすぎなのか悪い病気にかかってしまったのか、寒い時期になるとガーゴイルたちは一斉に嘔吐する。自然が作り出すその嘔吐物は、ガーゴイルの表情と相まってなんともいえないシュールな空間を演出している。

 もともと水を排出するためのものだから口をパックリめに開けているので、本当に吐いているように見える。量も出方もそれぞれに違うのも趣深い。


1.思いっきりダイナミックに吐いてます
3_e4
SydesJokes/flickr

2.口の周りについてますよ
8_e
pressa

3.つららのカーブと量が絶妙
2_e5
@Jacobojeda/twitter

4.怪物だって戻したい
5_e1
pinterest.

5.キャラクターとつららの形状がマッチング
6_e0
travelblog

6.これはかなり吐き気を伴っているようだ
7_e0
@41Strange/twitter

7.ガーゴイルのこうげき「おうとする」
4_e2
imgur

8.大量発射
11_e
desktopnexus

9.自覚がないままにとろ〜んと吐瀉
00
tripadvisor

10.ときに口以外のところから排出されることも...
1_e5
imgur

 古代エジプトでは寺院の平らな屋根の上にガーゴイルがあり、その吐き出す水で聖杯などを洗っていたそうだが、これじゃ聖杯洗えない!

カラパイア

「嘔吐」をもっと詳しく

「嘔吐」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ