【医師監修】妊娠超初期でも吐き気がすることはある? 原因と対策

12月24日(火)18時31分 マイナビウーマン子育て

妊娠初期に感じる症状は人それぞれですが、中には「生理予定日前から吐き気があった」というように、生理予定日より前の妊娠超初期からつわりのような症状を感じたという人も。つわりによる吐き気の症状はいつから出始めるのでしょうか。

この記事の監修ドクター 産婦人科医 太田寛先生 アルテミスウィメンズホスピタル産婦人科(東京都東久留米市)勤務。京都大学電気工学科卒業、日本航空羽田整備工場勤務。東京医科歯科大学卒業後、茅ヶ崎徳洲会総合病院、日本赤十字社医療センター、北里大学医学部公衆衛生学助教、瀬戸病院を経て現在に至る。日本産科婦人科学会専門医、日本医師会認定産業医、医学博士、インフェクションコントロールドクターICD)、女性のヘルスケアアドバイザー、航空級無線通信士

吐き気がする……これは妊娠?

471476727

Getty logo

妊娠すると「頭痛」「全身倦怠感(だるさ)」「眠気」などの症状が現われることがあります。しかし、これらの症状は生理前に起こる月経前症候群(PMS)の症状ととてもよく似ているため、妊娠による症状なのかどうかがわかりにくいこともしばしば。生理前の吐き気と妊娠は関係しているのでしょうか?

そもそも妊娠すると吐き気が出るのはなぜ?

妊娠の影響で、吐き気や気持ち悪さを感じるようになることは多いものです。

妊娠初期であれば「つわり」、中期以降であればつわり以外にも、大きくなる子宮によりお腹の中の圧力(腹圧)が上がったり、プロゲステロン(黄体ホルモン)の増加で胃と食道の間を閉じている下部食道括約筋がゆるんだりすることによる「胃の内容物の逆流(逆流性食道炎を含む)」などによって胸やけや吐き気が起こることもあります。

「つわり」は多くは妊娠初期に起こるもので、その原因は明らかとなっていませんが、急激なホルモンの変化、代謝の変化、精神的変化など、妊娠に伴う心身の変化によって生じる、おもに胃腸の症状のことを指します。

つわりの症状は多彩で個人差が大きいのですが、中でも吐き気や嘔吐(おうと)といった症状が現われることが多く、ほかに唾液の増加や食欲不振なども起こります。

吐き気の症状が現われるのはいつから?

一般的につわりの症状が現れはじめるのは妊娠5〜6週ころと言われています[*1]。吐き気も同じころから感じるようになると考えられます。ちなみに妊娠4週は妊娠していなかったら次の生理が始まるころです。

しかし、つわりは症状だけでなく、感じる時期にも個人差が大きく、中には妊娠1ヶ月(妊娠3週まで)の俗に「妊娠超初期」と呼ばれるころに、なんらかの兆候を感じる人もいるようです。

なお、つわりの症状の多くは一過性で、妊娠12〜16週ころには自然に消滅するといわれています[*1]。

吐き気を軽減する方法

178665664

Getty logo

多くは一過性のものとはいえ、吐き気が続くのはなかなかつらいものです。そこで妊娠超初期や初期などの、おもにつわりによる吐き気を軽減する方法をいくつかご紹介します。

少しずつ食べる

吐き気は胃酸が増えると出やすくなります。甘いものや脂っこいものは胃酸を増やしてしまうので食べすぎは避けましょう。また満腹になるまで食べてしまうのも、胃酸の分泌増加につながります。

1回の食事で大量に食べるのではなく、何回かに分けて少しずつ食事をとる「分割食」にすることで、吐き気が軽減されやすくなるでしょう。

口に入れやすい食べ物を常備する

つわりの症状は早朝の空腹時によく起こるといわれています。朝起きた時、すぐに食べられるものをベッドサイドに準備してから就寝したり、通勤時や外出時でも口に入れやすい飴やガム、グミなどを持ち歩いたりしておくとよいでしょう。

ビタミンB6摂取を意識する

ビタミンB6は果物(柑橘類を除く)、魚、鶏肉や、ジャガイモのようなでんぷん質の野菜などに多く含まれるビタミンです。米国産科婦人科学会(American Congress of Obstetricians and Gynecologists:ACOG)ではいくつかの研究報告を元に、妊娠中の吐き気や嘔吐に医師の処方によるビタミンB6の補充治療を推奨しています[*2]。ただし、日本では一般的ではなく、ほとんど行われていない治療です。

つまり、ビタミンB6を豊富に含む食品を意識して食べると、吐き気防止につながる可能性があります。なお、ビタミンB6は妊娠初期の赤ちゃんの発育(とくに脳神経の発達)にも必要な栄養素です。

ただし、「意識して摂取する」と言っても、妊娠中に自己判断でサプリメントを摂取することは今の日本では勧められていません。サプリメントは薬と違って厳格な品質管理が義務づけられているわけではありませんし、サプリメントに含まれるほかの成分との相互作用や過剰摂取などのリスクも考えられます。

まずは、食事のメニューを工夫するなど食べ物からの摂取を意識するようにしましょう。つわりがひどくてどうしても食べられない場合などは、医療機関に相談して医薬品を処方してもらうか、必要な成分のみを含んだサプリメントを摂取するようにしてください。

吐き気がある=妊娠の可能性が高い?

ところで通常、月経前症候群(PMS)では吐き気が現われることは、あまり多くありません。PMSのおもな症状はイライラ、のぼせ、下腹部膨満感、下腹痛、腰痛、頭重感、怒りっぽくなる、頭痛、乳房痛、落ち着きがない、憂鬱の順に多いとされています。そのため、生理前にいつもは感じない吐き気があったら「もしかしたら妊娠したかも」と思うこともあるでしょう。

たしかに吐き気はPMSの症状としてはそれほど一般的ではないかもしれませんが、吐き気の有無で妊娠かどうかを判断することはできません。妊娠の兆候が感じられたなら、まずは妊娠検査(判定)薬でチェックしてみましょう。詳しくは後述します。

吐き気以外に出やすい妊娠初期症状

1082025518

Getty logo

妊娠すると出やすい症状

ちなみに、妊娠超初期〜初期に現れることがあるつわりの症状には、吐き気のほかに以下のようなものがあります。

●全身の倦怠感(だるさ)●頭痛●眠気●唾液の増加●食欲不振●食べ物の好みが変わるといった嗜好の変化●腟からの少量の出血●微熱が出る、熱っぽい●胸が張る、乳首が痛い●気分の落ち込み、イライラ●便秘●肌荒れ●腰痛●おなかの張り、痛み

妊娠すると上記の症状がすべて出るということではなく、どんな症状が現われるか、また、その症状の程度は、人によってさまざまですし、中には症状がほとんどない人もいます。つわりがなくても異常ではないので、安心してください。

なお、つわりの症状が悪化し、栄養障害や脱水などの症状が現われると妊娠悪阻(おそ)という治療が必要な状態になってしまいます。水を飲んでも吐いてしまい、何も食べられていないといった極端な症状が現われている場合は、早めにかかりつけの医師に相談してください。

兆候があれば妊娠検査薬で検査を

生理の遅れや上記のつわりの症状など、妊娠の兆候があった場合はまずは市販の妊娠検査薬でチェックをしましょう。妊娠検査薬は通常、生理予定日の約1週間後から判定できるとされています。

妊娠検査薬で結果が陽性だった場合は、超音波検査で子宮内の妊娠を確定させるために医療機関を受診しましょう。

まとめ

妊娠初期や超初期に現われる症状には個人差があり、症状だけで妊娠しているかどうかは判断できません。そして、妊娠初期は赤ちゃんの重要な器官がつくられる時期です。妊娠の可能性があるなら、まずは妊娠検査薬を使用し、陽性の場合は早めに医療機関を受診するようにしましょう。

(文:山本尚恵/監修:太田寛先生)

※画像はイメージです

マイナビウーマン子育て

「妊娠」をもっと詳しく

「妊娠」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ