【専門家監修】にんじんを使った離乳食レシピ!レンジのコツは?

12月25日(水)8時0分 マイナビウーマン子育て

食材ごとの離乳食レシピと調理のコツを、離乳食に詳しい管理栄養士の川口先生にお聞きするこのコーナー。今回のテーマは「にんじん」です。すりおろしてから加熱してもOK? 電子レンジ加熱のコツは? など、離乳食ににんじんを使う際の疑問にお教えいただきます。にんじんレシピは「とりわけ肉じゃが」です!

この記事の執筆・監修管理栄養士 川口由美子(管理栄養士/母子栄養指導士) 一般社団法人母子栄養協会 代表理事女子栄養大学 生涯学習講師。大学時に小児栄養学を学んだのち、育児用品メーカーでベビーフード開発を経て栄養相談、離乳食レシピ執筆、講演会に携わる。2児の母。現在は、母子栄養協会にて離乳食アドバイザー®他、専門家を養成している。◆一般社団法人母子栄養協会HP:https://boshieiyou.org/

色鮮やか! にんじんを使った離乳食

Img 3116

栄養たっぷりで季節問わず手に入りやすいにんじん。しっかりと加熱すれば、歯ぐきでつぶせるくらいのやわらかさになるので、切り方や加熱時間次第で、離乳初期〜完了期までずっと使うことができます。離乳食に大活躍してくれる野菜ですね。

にんじん、離乳食期ごとの目安(初期・中期・後期・完了期)

b>・離乳初期(5〜6ヶ月)やわらかく茹でて裏ごしにしてペーストに。

・離乳中期(7〜8ヶ月)スプーンで簡単につぶれる程度の固さにやわらかく茹でる。圧力なべや炊飯器を使うと調理しやすい。飲み込みでもいいかな?と思えるような料理なときはみじん切りに。

・離乳後期(9〜11ヶ月)やわらかく茹でて、指でつぶれる程度の固さに。

・離乳完了期(12〜18ヶ月)少しずつ硬くしても食べられます。角切りを丸飲みしないように気を付けて。

加熱すればやわらかく、クセも少ないので、離乳初期(5〜6ヶ月頃)から赤ちゃんに与えることもできます。初めてあげる野菜として選ぶ親御さんも多いのではないでしょうか。

調理の際はしっかり皮をむきましょう。特に泥付きなどの場合は、よく洗ってから皮をむいてくださいね。

にんじんの電子レンジ加熱の目安は?

Img 2639

・薄切り、濡らして、500W2分

にんじんは水分が少ないので、電子レンジの加熱時間によっては焼け焦げたようになってしまうこともあり、なかなか難しいですよね。基本的にはお水から茹でる方がやわらかく仕上がるので、離乳食ではお水から茹でるといいかと思います。

電子レンジを使う場合は、10mm程度の斜め薄切りにしてから水に通して、水がついた状態のまま耐熱容器において、ラップをして行います。加熱時間は、にんじん約1/4本(約50g)で500W 2分くらいをひとつの目安としてかけてみてください。

事前にしっかり水を通すところがポイントです!

離乳初期、「すりおろしてから加熱」でもOK?

Img 3125  1

・「加熱してからつぶす」がおすすめ

生のまますりおろすのは簡単ですが、すりおろしてから加熱すると、食べるときにざらざらすることもあります。

口の中が敏感な赤ちゃんの場合、それが気になることもあるので、「加熱してからつぶす」方がやわらかくて食べやすいでしょう。

大人のを取り分けてもいいの? コツは?

Img 2645

・取り分けはどんどんして!

にんじんは、水からゆっくり茹でたり、じっくり蒸すことで甘味がまして美味しくなります。

でも、赤ちゃんのものだけをじっくり加熱するのはなかなか難しいですよね。ですから、大人用に作ったものを取り分けたりするのがおすすめですよ。

赤ちゃんのものだけを薄切りにして入れておいて、大人のものと一緒に茹でればそれだけでOK! 目安はスプーンでつぶしたときに、簡単につぶれるのが7〜8ヶ月くらいの赤ちゃんが食べられる目安です。そのぐらいのやわらかさならば、つぶさずそのままあげても、赤ちゃんせんべいを食べるようにつかんで食べてくれるかもしれません。

川口先生おすすめレシピ!とりわけ肉じゃが(8ヶ月〜1才頃)

Img 2654

大人用に作る料理を、濃い味を付ける前に赤ちゃん用に取り分ければ、別々に調理するよりも手間が省けます。野菜もお肉も入った肉じゃがは、やわらかく煮るので離乳食取り分けにピッタリです。

材料

<大人用> 2人分程度・豚こま肉   120g・じゃがいも  1個・にんじん   1/4本・玉ねぎ    1/2個・だし汁    100ml・みりん    大さじ1・しょうゆ   大さじ1※※上記は大さじ1程度少なくしているので、取り分け後に大人用に少ししょうゆを足してもOK。

<赤ちゃん用> 1回分量(上記から取り分け)・肉      2切程度・野菜     20g程度※※・肉じゃがの汁 小さじ1・水      小さじ1・水溶き片栗粉 適量※※じゃがいも、にんじん、たまねぎ、合わせての分量

作り方

① 大人用の一般的な肉じゃがを少し薄味で作ります。② 赤ちゃん用の食材を取り、小さくカットします。③ 肉じゃがの汁、水、②を小鍋にいれてひと煮たちさせます。④ 水溶き片栗粉でとろみを付けたら出来上がり。

まとめ

にんじんは甘みがあり、離乳初期から取り入れやすい食材です。水から茹でる・煮るなどが基本ですが、電子レンジを使いたい場合は、水分が少ないので水で濡らしてからラップをかけて加熱しましょう。また、肉じゃがなど大人用のレシピから、取り分けて作るのもおすすめです。親子で同じメニューを食べるのは、楽しく、嬉しいものですね。

(文・写真:川口由美子先生)

マイナビウーマン子育て

「にんじん」をもっと詳しく

「にんじん」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ