「2020年の運勢・12星座別」石井ゆかりの星占い(後編)

12月25日(水)19時20分 TOKYO FM+

安めぐみがパーソナリティをつとめ、霧島の焼酎と美味しい料理でゲストをおもてなしするTOKYO FMの番組「霧島リラックスタイム 焼酎ダイニング J-Fairy YASU」。今回の放送では、星占いでおなじみのライター・石井ゆかりさんが登場。2020年の12星座占い・後編をお届けしました。(▶▶前編記事はコチラ)

※写真はイメージです



毎年、「J-Fairy YASU」のためだけに、“ユニークな例え”の星占いを用意してくれる石井さん。2020年の占いは、“音”に例えてくれることになりました。前編に続き、後編では天秤座、蠍座、射手座、山羊座、水瓶座、魚座を占いました。

◆天秤座:ピンポーン(家のチャイム)
2020年の天秤座は、“家”がテーマ。“地域”や“地元”を感じるときです。環境の変化で、引っ越しをする人も多いかもしれません。引っ越しするときに、手土産を持って近所回りをすることもありますよね。ご近所さんと、コミュニケーションをよく取るようになるかもしれません。

◆蠍座:スマホの通知音・振動音
コミュニケーションの年。メッセージが飛び込んでくるような感じです。マナーモードにしている人も多いと思いますが、ブーって音がすると、ドキッとしますよね。なので、頻繁にやり取りをするような感じがあるのではないかなと思います。あとは、呼び出されて、出かけて行くような感じもあります。移動したり、けっこう動きがある年です。

◆射手座:チャリンチャリン(貯金箱にお金が入る音)
経済面でいいことがありそうな年です。かなりたくさん入ってくる人もいるかもしれません。あとは、過去数年かけて耕してきた畑で、やっとたくさんの実りがつくイメージもあります。頑張りが報われるような感じもあるかなと。

◆山羊座:ぎぎぎいいいいいっ(大きな重い石の扉を開ける音)
人生のなかで、新しいたくさんの扉を開けることがあると思います。そのなかで、“小さくて軽い扉”と“大きくて重い扉”があると思うんです。山羊座の人は2年ぐらい前からずっと、力を入れながら大きな扉を開けようとしてきたんじゃないかと。その開けたかった扉が、パーッと開くイメージです。やっと、光がさすような新しい世界に入って行く感じです。“苦労しただけのことはあったな”、みたいな年になるのでは。

◆水瓶座:ラヴェル「ボレロ」
フランスの作曲家、モーリス・ラヴェルが1928年に作曲したバレエ曲です。小さく始まって、だんだん大きくなっていき、最後にドカーンってなる曲。一直線にクレッシェンドしていくイメージです。2020年12月に、バーンって盛り上がるんですよ。なので、少しずつ気配はあります。特に3月から7月あたりに、“来たぞ来たぞ”みたいな感じがあって少しずつ盛り上がっていき、12月後半にドーンって。「ボレロ」はそこで終わってしまうのですが、水瓶座は終わらず、2021年まで盛り上がりを連れて行く感じになります。

◆魚座:ワイワイ、ガヤガヤ(部活の部室みたいな感じの音)
仲間がいてリラックスして、いろんな人と交流しているような楽しい感じですね。歓声が上がるような。もしくは音楽フェスで、みんなで「ウワーッ」と盛り上がるように、オープンな盛り上がりのイメージの年になると思います。会社の人や組織のような感じではなく、違う学年の子たちや知らない人たちと盛り上がるような。個人として、みんなとかかわっていく感じじゃないかな。

現在、石井ゆかりさんの年間占い・12星座別の文庫本「星栞 2020年の星占い」、1冊で全星座対応の手帳「星ダイアリー2020」が幻冬舎コミックスより発売中。詳しくは公式Webサイトをご確認ください。

12星座別の文庫本「星栞 2020年の星占い」(幻冬舎コミックス)




1冊で全星座対応の手帳「星ダイアリー2020」(幻冬舎コミックス)



▶▶80名様に「TOKYO FM」オリジナルグッズをプレゼント! 応募はコチラから◀◀

<番組概要>
番組名:霧島リラックスタイム 焼酎ダイニング J-Fairy YASU
放送日時:毎週土曜19:00〜19:25
パーソナリティ:安めぐみ
番組Webサイト: http://www.tfm.co.jp/yasu/

TOKYO FM+

「占い」をもっと詳しく

「占い」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ