バブリーダンスでおなじみの伊原六花が歌手デビュー決定! 楽曲はMONDO GROSSOの大沢伸一氏がプロデュース

12月26日(水)17時0分 ガジェット通信

バブリーダンスでおなじみの伊原六花が歌手デビュー決定! 楽曲はMONDO GROSSOの大沢伸一氏がプロデュース

写真を拡大

センチュリー21・ジャパンは、バブリーダンスでおなじみの大阪府立高校ダンス部元キャプテンで、2018年2月からセンチュリー21のイメージキャラクター“センチュリー21ガール”を務める、女優の伊原六花が歌手デビューすることを発表した。

楽曲名は『Wingbeats』。2019年1月21日(月)から放送予定のセンチュリー21の新CM内で、主要配信サイトでのリリースに先立ってオンエアされ、主要配信サイトでは1月30日(水)より配信を予定している。

芸能界デビュー後、センチュリー21ガールとしてCMや各種プロモーションにて活躍、また、女優としてもドラマなどに出演し成長を続けてきた伊原が、今回新たに歌手として活動を開始。伊原の透明感のある歌声と、新たな一面に期待が集まる。

また、楽曲は“MONDO GROSSO”として活動する一方で、多くのアーティストに楽曲提供を行い、多数のヒット作を手がける音楽家、DJ、プロデューサーの大沢伸一氏がプロデュース。透明感のある伊原の歌声を乗せて期待感のあふれる楽曲となる予定だ。

今回の歌手デビューにあたり、伊原は「もともとダンスにくわえ歌うことも好きでした。人前に出て歌うことが初めてだったので、ボイストレーニングにも通わせていただき、歌手デビューに向けて一生懸命練習しました。是非、多くの人に聞いていただければと思います」とコメント。

また、大沢氏は歌手デビューする伊原に「今回プロデュースの依頼を受けて作曲、アレンジを担当しました。CMソングでもあるのですが彼女自身のイメージにも重なる部分もあり良い仕上がりになったと思います」と、完成する楽曲への意気込みを語った。

本楽曲は、2019年1月21日(月)より放送予定のセンチュリー21の新CMおよび、センチュリー21『YouTube』公式アカウント限定で公開されるミュージックビデオで視聴できる。

<伊原六花コメント>
センチュリー21ガールとしてデビューさせていただいてから、新しいことにたくさん挑戦させていただいています。CMもそうですし、今回の歌手デビューもサポートしていただきました。これらの経験を自分の身になるようにひとつひとつ大事にしてこれからも頑張っていきたいと思います。大沢伸一さんの楽曲は、リズムも本当に素敵ですし、背中をおしてくれるような楽曲でした。歌詞を咀嚼しながら精一杯歌ったので、この曲を聴いてくださった方が「なにかちょっと頑張ってみようかな」「なんか元気になったな」と思っていただけたら嬉しいです。このような形で歌手デビューすることができて、本当に幸せです。

<伊原六花プロフィール>
生年月日:1999年6月2日(19 歳)
出身地 :大阪府
血液型 :A型
身長 :160cm
学生時代には、大阪府立高校ダンス部でキャプテンを務め、話題となった。2018年、芸能界へ本格デビュー。TBS ドラマ『チア☆ダン』でドラマデビューを飾り、2019年1月3日放送のNHK正月時代劇『家康、江戸を建てる 後編 金貨の町』にも出演が決まっており、2019年4月より放送される『明治東京恋伽』では初主演を務める。(ドラマ放送後に映画も公開予定)

<大沢伸一プロフィール>
音楽家、DJ、プロデューサー、選曲家。リミックスを含むプロデュースワークでBOYS NOIZE、BENNY BENASSI、ALEX GOHER、安室奈美恵JUJU山下智久などを手がける他、広告音楽、空間音楽やサウンドトラックの制作、アナログレコードにフォーカスしたミュージックバーをプロデュースするなど幅広く活躍。2017年14年振りとなるMONDO GROSSOのアルバム『何度でも新しく生まれる』をリリース。iTunesアルバム総合チャート1位、オリコンアルバムランキング8位、満島ひかりが歌う『ラビリンス』ミュージックビデオが1600万回以上再生されるなど音楽シーンの話題となった。2018年3月には続編アルバム『Attune/Detune』もリリースした。

—— 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: gallagherbros) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

—— 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

ガジェット通信

「バブリーダンス」をもっと詳しく

「バブリーダンス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ