山田詠美が選ぶ名著『みちくさ日記』 ページをめくるたび涙

12月26日(土)16時0分 NEWSポストセブン

 2015年に発売された書籍の中から「ブック・オブ・ザ・イヤー」3冊を作家・山田詠美さんにセレクトしてもらった。


【1】『みちくさ日記』道草晴子/リイド社


 わずか13才で、ちばてつや賞・優秀新人賞を受賞するも、精神科病院に入院してしまった晴子ちゃん。彼女の再生までの何とも繊細で健気なダイアリー。ページをめくるたびにいじらしくて涙が出てきます。がんばれー!!


【2】『骨風』篠原勝之/文藝春秋


【3】『LOVE&PEACE〜清野とおるのフツウの日々〜』清野とおる/白泉社


※女性セブン2016年1月7・14日号

NEWSポストセブン

「山田詠美」をもっと詳しく

「山田詠美」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ