一発アウト! 恋人との信頼関係が壊れるモラハラ発言はこれ

12月27日(金)11時30分 yummy!

人間関係の大原則は、「親しき仲にも礼儀あり」。
長く付き合っている恋人が相手でも、モラルや敬意を欠いた言動をしていると、ある日突然ポイ捨てされてしまうかもしれません。
モラハラは男女問わず無意識に加害者になってしまう可能性があります。
彼氏や彼女との信頼関係が壊れてしまう前に、あなたもモラハラ発言をしていないか、確かめてみてください。

恋人との信頼関係が壊れるモラハラ発言 男女差別的な発言


うかつに「女のくせに」「男のくせに」などと口走ると、人間として反感を買ってしまうかもしれません。
会話に性別を持ち出すときは、「ほめるとき」のみにしましょう。
また、「女なんだから」「男なんだから」というような発言も注意。女性らしく、男性らしくあることを過剰に求めたり、こうでなければならないという固定観念を押しつけたりすると、恋人から嫌われてしまいます。

恋人との信頼関係が壊れるモラハラ発言 ダメ人間扱いをする


たとえ軽い気持ちであっても「全否定発言」は恋人を深く傷つける可能性があります。
ささいなことでも「ありがとう」と言うなど、感謝の気持ちを忘れなければ、相手のよさを引き出せるのではないでしょうか。
恋人に直すべき部分や間違った行動があった場合は、その部分だけ諭してあげればよいのです。その人を否定することは、たとえ頭に血が上ってもやってはいけません。

恋人との信頼関係が壊れるモラハラ発言 責任を押しつける


八つ当たりも度が過ぎると、モラハラになってしまいます。
ストレスがたまっているときはひとりの時間を設けるなど、恋人と接触しないようにするのも優しさでしょう。恋人から「どうして会ってくれないの」などと言われた際には、正直に打ち明ければ、理解して協力してもらえるかもしれません。

いかがでしたか?


無意識のうちにしている言動が、相手にとってはモラハラになってしまうこともあります。
大好きな恋人と長続きする恋愛を楽しむために、付き合い方を見直してみましょう。
(yummy!編集部)

公開日:2016年1月18日
更新日:2019年12月27日


yummy!

「モラハラ」をもっと詳しく

「モラハラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ