感情を抑えきれなくて… 自分の気持ちにブレーキが効かなかった体験談

12月28日(土)20時1分 しらべぇ

落ち込む男性(tuaindeed/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

人間にとって理性は、いいブレーキ役となってくれている。しかしあまりに気持ちが強いとブレーキが効かず、暴走してしまうこともあるだろう。


■「自分の気持ちにブレーキ効かず」4割以上

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,733名を対象に、「感情について」の調査を実施。

自分の気持ちにブレーキが効かなかったことがあるグラフ

「自分の気持ちにブレーキが効かなかったことがある」と答えた人は、全体で43.2%だった。


関連記事:ブレーキ踏んだらアクセルだった!「ヒヤリ」経験、あなたは?

■彼氏のいる人に気持ちを伝え

性年代別では、男女ともに10代が一番多くなっている。

自分の気持ちにブレーキが効かなかったことがある性年代別グラフ

若い世代では、恋する気持ちにブレーキが効かなかった人も多い。

「好きな人には彼氏がいたので、心の中だけで思っておくことに決めていた。しかしそれでは我慢できなくなり、その子に気持ちを伝えてしまった。もちろん、フラれたけれど…」(10代・男性)

■ダイエット中に暴走してしまい

ダイエット中に、甘いものを控えられなかった人も。

「ダイエットのために、甘いものを控えていた。しかしもともとお菓子が大好きな私にとっては、かなりきつい状況で。4日目で完全にブレーキが壊れてしまい、コンビニでお菓子を買い漁った。


そして家に帰ると、欲望のままにお菓子を食べていた。その時点でダイエットは失敗に終わり、自分の意思の弱さにも情けなくなった」(20代・女性)


■ずっとブレーキをかけている状態

常にブレーキをかけて、まったく行動できない人もいる。

「僕の場合は逆に、常にブレーキをかけている状態。気になる人がいても『自分なんて無理』と思い、なにも行動に移さない。またやりたいことがあっても、失敗を恐れて実行しない。


そこまでブレーキをかけていると、もちろんなにも始まることはない。毎日同じようなことの繰り返しで、つまらないなとは思っているのだけれど」(20代・男性)


ブレーキのかけすぎもいけなければ、暴走しても迷惑をかける。さじ加減が、難しいところだ。


・合わせて読みたい→人の気持ちを考えて行動してる? 「できない人は大切なものが欠如」との声も


(文/しらべぇ編集部・ニャック



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年10月28日〜2019年8月30日

対象:全国10代〜60代の男女1,733名(有効回答数)

しらべぇ

「ブレーキ」をもっと詳しく

「ブレーキ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ