レオパレス21がテレ東「ガイアの夜明け」に抗議 「著しく印象操作される内容」「厳重に抗議及び訂正を求める」

12月29日(金)13時5分 キャリコネニュース

12月26日放送の「ガイアの夜明け」(テレビ東京)で不動産賃貸業者の理不尽な経営手法が取り上げられ、大きな反響を呼んだ。ネットでは「テレ東がまた攻めてる」など、番組の取材力を褒める声も多かった。

しかし、取り上げられた不動産会社は報道のされ方に不服のようだ。レオパレス21は放送翌日の12月27日、番組内容が「著しく印象操作される内容」だったとして、自社ホームページにテレ東への抗議文を掲載した。

「公平な放映がされるように、真摯に取材対応しておりました」と説明


今後が気になるところです

「一部報道について」というタイトルで発表されたリリースは、

「2017 年12 月26 日放送のテレビ東京『日経スペシャルガイアの夜明け』にて、当社について放映されました。公平な放映がされるように、真摯に取材対応しておりましたが、著しく印象操作される内容になっております。当社としましてはテレビ東京に対し、厳重に抗議及び訂正を求める方針で準備を進めております」

と、テレ東の対応に強く不満を抱いている様子が伺える。

レオパレス21は、サブリース契約を巡り、これまでオーナーから何度か訴訟を起こされている。今年2月には、10年未満の家賃減額はないという契約を破られたとして、愛知県の男性が同社を相手取り減収分の補てんを求めた。9月には、同様に家賃を減額されたオーナーら277人が集団訴訟を起こしている。

番組では、営業職員による強引な減額・解約や、それを全社的に推奨していた事実が明かされていた。


キャリコネニュース

「レオパレス21」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「レオパレス21」のニュース

BIGLOBE
トップへ