月経(生理)・妊娠・出産…「年代別女性ホルモンコントールのすすめ」

12月29日(日)17時0分 ココカラネクスト

[記事提供:女性医療クリニックLUNA(http://www.luna-clinic.jp/)]

 月経(生理)があるということには、

① 卵巣が女性ホルモンを分泌している。
② 妊娠可能である。

の2つの意味があります。


①に関しては、月経(生理)の頻度は3〜4か月に1回くらいで充分です。

②に関しては、妊娠確率を上げるためには、月1回月経(生理)が来ることが望まれます。

月経不順は、排卵回数が少ないことが多いので結果として多くの場合、妊娠能力が低いことを意味します。
(妊娠しないということではありません。)

さて先ほど卵巣が女性ホルモンを分泌していることの確認には、年に3〜4回月経(生理)が来ていれば充分と話しましたが、血液検査で、女性ホルモンのうちエストラジールが50pg/ml 以上くらいだと、時々月経(生理)が来てしまいます。

またこのくらい以上だと、年に3〜4回くらい月経(生理)が来ていたほうが、子宮内膜のターンオーバーが行われるので、子宮体癌になりにくいというメリットもあると言われています。

閉経するとエストラジールは、30pg/ml 以下くらいになってしまいますが、15〜30pg/mlくらいあるとGSM(閉経関連尿路生殖器症候群)になりにくいとか、骨粗鬆症や、動脈硬化や、皮膚の老化が進行しにくいというメリットがあります。

一方10pg/ml以下になると、測定限界値以下になってしまい、GSM、骨粗鬆症、動脈硬化、皮膚の老化などが起こりやすくなってきます。

以上まとめますと、

① 子供が欲しい場合は、40歳以前に勢いで妊娠したほうがいい。
 月経(生理)は、毎月あるようにコントールしたほうがいい。
 月経不順の人は、婦人科にかかった方がいいでしょう。
 (女性医療クリニックLUNAでは、不妊治療を行っています。)

② 子供を望まない女性で閉経前ならば、年に3〜4回は、月経(生理)はあればいい。
 これ以下の場合は、婦人科に受診して月経(生理)を起こされたほうがいいでしょう。
 (女性医療クリニックLUNAでは、月経不順の治療もしています。)

③ 閉経後でも、GSM、動脈硬化、骨粗鬆症、皮膚の老化等の予防のためにエストラジオールが測定できるくらいの高さで維持したほうがいい。
 (女性医療クリニックLUNAでは、全身&外陰・腟の女性ホルモン&男性ホルモン補充をしています。)

[記事提供:女性医療クリニックLUNA(http://www.luna-clinic.jp/)]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

ココカラネクスト

「生理」をもっと詳しく

「生理」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ