Nike史上最大のエアサイズ! 動乱のブームのなかで誕生した「Air Max 270」とは…? │マイ定番スタイル

12月30日(日)22時0分 roomie

2018年は、空前のスニーカーブームといっても過言ではありませんでした。

ハイテクスニーカーに続くダッドスニーカーの台頭や、有名アパレルブランドが次々とコラボアイテムを出したり……。

その動乱の最中、エアマックスの遺伝子を受け継いだ、新たな傑作スニーカーが誕生していたんですよ。

過去のモデルを原型に



2018年2月にNikeがリリースしたのが「Air Max 270」です。

「Air Max 270」は、その開発の際に「Air Max 93」と「Air Max 180」という過去のシリーズからインスピレーションを受けたとされています。



特に、”93″のヒール部分を270度覆うビジブルエアが、「Air Max 270」の原型となり、ネームにもそのまま受け継がれたのだとか。



[ナイキ] AIR MAX 270 メンズ AH8050-017



[ナイキ] AIR MAX 270 メンズ AH8050-017



¥ Amazonで見てみる





超肉厚のバックソール!



“270”の最大の特徴は、なんといってもこの肉厚のバックソール。

なんと32mmもの厚さがあるエアユニットは、その面積も非常に大きいため、後ろ姿を見ただけで瞬時に”270″だと判別できます。



というか、パーツのデザインも相まって、ぱっと見で60mmぐらいありそうに見えますよね……。

Airのロゴが各所に



ソールの底面はこんな感じ。ヒールのあたりに”Air MAX”のロゴが刻印されています。



アッパー部分はFLYMESHが使われており、アッパーからサイドにかけて、一体感のあるデザイン。

エアユニットに合わせたカラーのスウッシュがカッコいい……。

実際に履いてみると…?



これだけ大きなエアユニットがついたスニーカーですから、気になるのはその履き心地。

実際に足を通してアスファルトを踏んでみると、固い空気を踏んでいるような、かなり強烈な反発力が!!



柔らかさを感じるREACTの履き心地とは違い、とにかく弾力が凄まじい……。グンッ!と一瞬で押し上げられるような感覚です。

アッパー部分のメッシュから風が流れ込んでくるので、蒸れはしませんがこの時期はちょっと寒いですね……。

とにかくカラバリが多い

























View this post on Instagram















































AIR MAX 270さん(@airmax270)がシェアした投稿 – 2018年10月月23日午前10時57分PDT







「Air MAX 270」は今年2月に発売されたシューズですが、現在に至るまでにとにかく多くのカラーバリエーションが登場しています。

中には入手の難しいモノもありますが、セレクトショップやオンラインストアを眺めれば、まだまだ多くの”270″に出会うことができます。

シンプルなアッパーと、存在感溢れるソールのバランスが絶妙なこのモデル。

きっとあなたのスタイルに、つっよ〜い刺激をもたらしてくれるはずです……!





[ナイキ] AIR MAX 270 メンズ AH8050-017



[ナイキ] AIR MAX 270 メンズ AH8050-017



¥ Amazonで見てみる





あわせて読みたい:



人工的な渋谷の街を歩くために。Nike REACTのニューモデルに刻まれた、ISPAというワードの意味|マイ定番スタイル - ROOMIE(ルーミー)



クラシック感全開! 初代プレステ×Nikeのコラボスニーカーが登場 - ROOMIE(ルーミー)



好みの写真や画像が壁面アートに。しかも調湿性能もあるとは… - ROOMIE(ルーミー)


roomie

「Nike」をもっと詳しく

「Nike」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ