北海道 今週末にかけての天気

1月2日(水)18時2分 tenki.jp

新年最初の一週間は日本海側で雪の降りやすい日が続きそうな北海道。今週末にかけての天気を詳しく紹介します。(写真は北海道駒ヶ岳)

北海道 今週末にかけての天気

今夜の天気は?

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。
今日2日の北海道は冬型の気圧配置となり、日本海側では上川地方など北部を中心に広く雪となり、午前0時から12時までに上川地方の幌加内町朱鞠内で18cmの雪が降りました。幌加内町は北海道内でも有数の豪雪地帯で、冬型の気圧配置の際に西〜西北西の風が卓越すると、まとまった雪が降ることで知られています。今夜も冬型の気圧配置の中、上空では気圧の谷が北海道を通過する見込みです。この影響で日本海側では引き続き雪が降りやすく、留萌地方や空知地方、石狩地方北部などでは局地的に雪の降り方の強まる恐れがあります。また西〜北西の風がやや強く、留萌地方や檜山地方など沿岸ではふぶく所もありそうですので、車の運転をされる方は大雪やふぶきによる交通障害などに注意して下さい。オホーツク海側も雲が広がり、弱い雪の降る所がありますが、太平洋側は東部を中心に割合晴れるでしょう。

3日〜4日の天気は?

北海道付近は明日3日も冬型の気圧配置が続きますが、北海道の上空は次第に気圧の尾根に入る見込みです。また、上空の寒気は次第に緩むため雪雲のもととなる日本海上からの湿った空気の供給も弱まるでしょう。このため、日本海側は雲が広がりやすくなるものの、日中は次第に雪の降り方は弱まり、札幌周辺などでは晴れ間や日差しも出る見込みです。太平洋側やオホーツク海側も午後を中心に晴れ間の出る所が多くなるでしょう。
明後日4日も午前中は大きな崩れはなく、道東方面などで割合晴れそうですが、午後は西から気圧の谷が近づく影響で日本海側や函館方面など太平洋側西部では雪の降り出す所が多くなります。夜は沿岸を中心に西よりの風の強まる所もあるでしょう。

週末の天気は?

5日の土曜日は、気圧の谷が東に抜け、北海道付近は次第に北西風系の冬型の気圧配置となる見込みです。地上付近の気圧の傾きも急となり、また上空には強い寒気が流れ込むでしょう。このため日本海側では広く雪が降り、沿岸ではふぶく所もありそうです。また、札幌周辺や新千歳空港周辺でも雪の降る時間帯がある見込みです。一方、太平洋側は東部を中心に晴れ間の出る所が多いですが、オホーツク海側は雲が広がりやすく、知床半島周辺では時折雪が降るでしょう。また、翌6日の日曜日も5日と同様の天気となり、日本海側では雪が降りやすくなる見込みです。今週末は帰省などで人の移動が多くなりそうです。また、6日は本州南岸を低気圧が通過することも予想されますので、交通機関を利用される方や車での移動を計画されている方は、北海道の気象情報とともに、本州方面の最新気象情報も確認されることをおすすめします。

tenki.jp

「北海道」をもっと詳しく

「北海道」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ