週間天気 周期的な寒さと、東京など太平洋側の乾燥に注意

1月28日(月)5時40分 ウェザーニュース


2019/01/28 05:41 ウェザーニュース

■ この先1週間のポイント ■

・寒気は周期的に南下 2月初日も厳しい寒さに
・東京など太平洋側は空気の乾燥続く

寒気は周期的に南下 2月初日も厳しい寒さに

上空1500m付近の寒気 2月1日9時の予想

週明けの暖かな空気の流れ込みは一時的で、前線の通過後は寒気が南下するため、北日本の日本海側や北陸では再び雪となり、29日(火)にかけて強い風を伴って大雪となるところがありそうです。

その後も周期的に強い寒気は南下し、2月が始まる1日(金)は雪の目安となる寒気が本州をほとんど覆うほどにまで南下し、日本海側の地域を中心に雪が降り、北日本では大荒れの天気となりそうです。太平洋側の多くの地域では降水は予想されていませんが、厳しい寒さとなることは間違いなさそうです。

期間が近づくにつれて予想される降雪量や影響予測の精度が高まっていくため、最新の情報を確認するようにして下さい。

関東など太平洋側は空気の乾燥続く

「きれいな青空。空気乾燥で遠くまでバッチリ」(1月27日撮影 東京都渋谷区)

乾燥が続いている関東など太平洋側の地域ですが、この先も空気が乾燥しやすい状態が続いてしまいます。

インフルエンザは、各地で流行警報が発表されるなど、感染が拡大しています。そろそろ流行のピークを迎えると見られますので、マスクや手洗いなどのインフルエンザ対策もしっかりと行うようにしましょう。

また、火災が発生、延焼しやすくなるため、火の取り扱いにも十分注意するようにしてください。



ウェザーニュース

「東京」をもっと詳しく

「東京」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ