今日15日(金)の天気 関東は日差し優勢 西日本は帰宅時に雨

3月15日(金)5時15分 ウェザーニュース


2019/03/15 05:14 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・関東は日差し優勢の一日
・西日本はお帰りの時間帯に傘の出番
・北日本は日本海側から雨や雪が降り出す


今日15日(金)は西から近づく低気圧や前線の影響で天気が下り坂。西日本ではお帰りの時間帯に雨が降るところが多くなりそうです。

東京など関東や北日本の太平洋側は日差し優勢の一日になります。

関東は日差し優勢の一日

関東各地は朝から青空が広がり、春の日差しが降り注ぎます。午後になると少し雲が増えてくるものの、雨が降り出すことはなさそうです。

ただ、午後は風が少し強まるため、花粉が飛びやすくなってきます。雨具は不要でも、花粉対策は必須です。

西日本はお帰りの時間帯に傘の出番

西日本は、午前中は日差しが届くものの、低気圧や前線の接近に伴って午後は雲が増えていきます。
日本海側は夕方から雨が降り出し、本降りになるところがありそうです。雷や突風にも注意をしてください。

太平洋側のエリアも夜は急な雨の降る可能性があるので、折りたたみの傘があると安心です。

北日本は日本海側から雨や雪が降り出す

北日本日本海側は雲が多く、雪や雨の降りやすい天気。昼間は降っても弱いものの、日本海から低気圧が近づく影響で、夕方以降はしっかりとした降り方になりそうです。
低気圧接近とともに上空の寒気が後退するため、東北は雪でなく雨のところが多くなります。


太平洋側は大きな崩れがなく、日中は日差しの届くところが多くなります。


ウェザーニュース

「天気」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「天気」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ