気象予報士による 各地方の桜予想

3月28日(水)14時41分 tenki.jp

桜の開花予想第6回発表! 各地の気象予報士からの桜コメントが届きました。今週は九州から関東で続々と満開となり、お花見のピークをむかえています。

気象予報士による 各地方の桜予想

2018年 桜開花と満開の傾向

一般財団法人 日本気象協会は、日本全国92地点の桜(標本木[ソメイヨシノほか]53地点、自治体・公園など36地点、および日本三大桜3地点)の開花予想(第6回)を本日発表しました。

◆◆最新! 桜の開花予想はこちら◆◆

気象予報士からのコメント From西日本

◆九州地方(日本気象協会 九州支社 松井 渉)
このところの暖かさで九州では続々と桜が満開を迎えています。例年、桜の咲く頃は雨や強風に見舞われることも多いのですが、今年は暖かな晴天が長く続き、お花見を存分に楽しめそうです。

◆四国地方(日本気象協会 四国支店 川越絵里子)
4月を待たずに各地で桜の見ごろを迎えています。平年より早い開花にお花見の計画も大慌てという方も多いのでは。今年は「春に三日の晴れなし」はあてはまらず、しばらく晴れの天気が続く見込みで、天気に悩まずお花見の計画を立てられるでしょう。

◆中国地方(日本気象協会 中国支店 筒井幸雄)
広島をはじめに咲き始めた中国地方の桜は、ウグイスの声や日差しのもとで順調に咲き進んでいます。昨年はいっせいに満開を迎えましたが、今年はほぼ開花した順番に満開となり、花散らしの雨にしばらく遭わず長い間私たちを楽しませてくれるでしょう。

◆近畿地方(日本気象協会 関西支社 真田知世)
大阪は平年より10日も早く満開となり、今年はこれまでで最も早く満開になりました。この先も暖かい日差しのもと、近畿各地から満開の知らせが続々と届きそうです。週末にかけて大きな天気の崩れもなく、今週は絶好のお花見ウィークになるでしょう。

◆◆全国桜名所の開花情報はこちら◆◆

気象予報士からのコメント From東日本

◆東海地方(日本気象協会 中部支社 菅野彰太)
平野部は、すでに多くの所で満開を迎え、桜色に染まっています。天気も安定した晴天で穏やかな陽気の日が多く、絶好のお花見日和が続くでしょう。飛騨高山周辺も、平年より早く開花し、高山祭の頃にちょうど見ごろを迎えそうです。

◆関東地方(日本気象協会 本社 秋田純佳)
関東地方の平野部では今週中に満開を迎えるでしょう。来週半ばにかけて、晴れてぽかぽか陽気となるため、お花見日和が続く見込みです。関東地方の桜の名所では今週末がお花見のピークとなり、にぎわいそうです。春のひとときの風物詩を満喫してください。

◆長野県(日本気象協会 長野支店 浜中弘樹)
先週末の陽気に誘われて、今週に入り、県南部から桜の開花前線が北上を始めました。各地とも平年や昨年に比べ1週間ほど早い開花が見込まれています。今年の桜は開花から満開までが早い印象です。見ごろも短くなりますので、お花見は早めに計画するとよさそうです。

◆北陸地方(日本気象協会 北陸支店 瀬山滋)
北陸地方は、この先も天候に恵まれ、最高気温は平年よりかなり高くなる日が多い見込みです。このため、桜のつぼみは開花から満開へ一気に進むでしょう。満開の桜を楽しむ期間は短めになりそうですが、今年の桜は一斉に咲き揃い、美しい姿を見せてくれそうです。

◆新潟県(日本気象協会 新潟支店 今井梢)
このところの暖かさで公園の家族連れの姿も増え、やっと椿や梅の開花を観測した新潟では、慌てて桜のつぼみも膨らみ出しました。この先も暖かさが後押しをして、入学式を待ちきれずに花を咲かせてくれそうです。

◆◆全国桜名所の開花情報はこちら◆◆

気象予報士からのコメント From北日本

◆東北地方(日本気象協会 東北支社 佐藤理恵子)
東北地方では、先週末から日に日に気温が上がり、今週は南部を中心に初夏を思わせるような陽気になりそうです。新生活のスタートには桜が花を添え、入学式や入園式の記念写真は、満開の桜をバックに撮影できるところもありそうです。

◆北海道地方(日本気象協会 北海道支社 持田浩)
北海道も今後一週間は4月中旬から下旬並みの暖かさの日が続きます。まだまだつぼみは小さいですが、この暖かさにより、花芽の生長は例年に比べ順調に進みそうです。北海道の桜の開花は、前回予想より2日前後早まり、平年に比べても4日前後早まるでしょう。


◆◆全国桜名所の開花情報はこちら◆◆

tenki.jp

「気象予報士」をもっと詳しく

「気象予報士」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ