木梨憲武vs佐藤健、新宿上空で激闘!『いぬやしき』マンウィズ主題歌入り予告

2月14日(水)20時5分 シネマカフェ

『いぬやしき』(C)2018「いぬやしき」製作委員会

写真を拡大

SFアクション漫画「GANTZ」の原作者・奥浩哉が、そのエッセンスを取り込みながらもリアルな日常と非日常が交錯する新たな世界観で描いた漫画を、木梨憲武佐藤健らの豪華共演で映画化する『いぬやしき』。このたび、その主題歌を「MAN WITH A MISSION」が書き下ろし、その楽曲も盛り込まれた本予告が公開された。




フジテレビ・ノイタミナ枠でのアニメ化も大きな反響を呼んだ本作。実写映画では、木梨さんがワイヤーアクションにも挑戦し、笑いを封印したシリアスな演技だけでなく見事な格闘シーンも披露! 人間を遥かに超越する力を手に入れ、人を救うことに自分の存在意義を見出していく冴えない初老の主人公・犬屋敷壱郎を演じきる。また、今回が初の悪役挑戦となる佐藤さんは、犬屋敷と同じ力を手に入れ、自分の意志に背く人々を傷つけていく高校生・獅子神皓を怪演。冷酷に大量殺人を重ねていくアンチヒーローを、その卓越した身体能力を駆使して演じている。

そんな本作と、頭はオオカミ、身体は人間という究極の生命体5匹で構成されるロックバンド「MAN WITH A MISSION」との“イヌ科最強タッグ”が今回も実現。

戌年に“いぬ”と“オオカミ”による究極タッグ
映画のプロデュース陣は「世界と戦える大作に挑戦」というテーマを掲げており、主題歌も世界に通用するアーティストを、との決意で、国内の人気だけに留まらず海外のオーディエンスからも熱烈な支持を受けている「MAN WITH A MISSION」に主題歌を依頼。“究極の力”を手に入れる「犬屋敷」と、「MAN WITH A MISSION」=使命を持った男というつながり、“いぬ”と“オオカミ”という動物的親和性。様々な条件・共通点から、プロデュース陣は「このバンドしかいない!ワンだウルフ!!(Wonderfull)」とオファー。


メンバーは元々原作のファンであったということもあり、すぐにオファーを快諾。アニメ「いぬやしき」でもオープニングテーマ曲を制作した彼らが、今回、映画『いぬやしき』のために新曲「Take Me Under」を書き下ろした。

木梨憲武もオオカミになりたい!?「最高にステキな楽曲!」
同バンドのボーカル&ギターのジャン・ケン・ジョニーは「(映画と同様に)ダークダケド温モリモアル、破壊的ダケド希望モ垣間見エル、疾走感モ重厚サモ感ジレルヨウナ作品ニ仕上ゲマシタ」とコメント。さらに、いち早く映画を観て「機械化シテ闘ウ木梨憲武さんハ必見デス。凄イ姿ニナリマスヨ。マヂデ。」と興奮気味にコメント。

また、楽曲を聴いた主演の木梨さんも「最高にステキな楽曲!」と気に入り、「私もオオカミになり、『MAN WITH A MISSION』と一杯やりたいです」と木梨節で絶賛を贈っている。


さらに、その主題歌が入った本予告映像もついに解禁。まさに『GANTZ』『図書館戦争』『アイアムアヒーロー』と、期待を軽々と凌駕する映像を生み出し続ける佐藤信介監督の本領発揮! 「MAN WITH A MISSION」のアップテンポの主題歌とともに流れる映像では驚愕のCGとド迫力のアクションが連続。高層ビル群の間、ヘリコプターの上、そして都庁展望台など、新宿上空を飛び回りながら繰り広げられる“ジジイvs高校生”の新次元バトルは、映像の中に“トリップ”したかのような感覚に陥るほど。



戌年の2018年、“いぬ”と“オオカミ”による究極タッグを、この映像から確かめてみて。

『いぬやしき』は4月20日(金)より全国東宝系にて公開。

シネマカフェ

「木梨憲武」をもっと詳しく

「木梨憲武」のニュース

BIGLOBE
トップへ