『OVER DRIVE』北村匠海、新田真剣佑の“ストイック筋肉”に脱帽!

4月17日(火)20時4分 映画ランドNEWS

映画『OVER DRIVE-オーバードライブ-』スペシャルステージ&完成披露舞台挨拶が17日、都内・六本木ヒルズアリーナとTOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われ、キャストの東出昌大新田真剣佑森川葵北村匠海、町田啓太、要潤(舞台挨拶のみ)、監督の羽住英一郎が登壇した。


OVER DRIVE


本作でライバル関係にある役どころを演じる新田と北村。身体を鍛え上げ役に挑んだ新田に対し、北村も「真剣佑がライバルっていう時点で身体も鍛えましたし…すごいんです!」と新田の筋肉を表現するかのようにボディビルポーズを取ってみせた。


OVER DRIVE


続けて、「3回くらい真剣の肉体美が観れるんですが、そのためにやっていたストイックなことがすごいんです!水分を減らしたり…」と北村が暴露すると、新田は「寝て起きたら(ムキムキに)なってる」と照れながら席を立つ。恥ずかしそうにする新田に、北村は「まぁ座りなよ!」とじゃれあい、仲睦まじい様子をのぞかせながら、現場でトレーニングをしている新田の姿を激写したパネルを紹介した。


OVER DRIVE


羽住監督は、新田が着るドライビングスーツの作成について「ドライビングスーツってピッチリしていて、作るのに時間がかかるんです。(肉体づくり前に)すぐ作らなきゃいけなくて、その時はタオルを胸に巻いて採寸したのですが、結果その幅(胸部まわり)に仕上げてきてくれた」と、新田の役に対する姿勢や鍛え上げた肉体を絶賛していた。


OVER DRIVE




公道をアクセル全開で駆け抜ける最も過酷な自動車競技「ラリー」。各メーカーの先端技術の結晶である車輛、モンスターカーを操るドライバー、その舞台を支えるメカニック、彼らの奔走を描くヒューマンエンターテインメント。


主人公・檜山篤洋役に東出昌大。スピカレーシングを支えるチーフメカニックという、作り手側に立ち、誇りと愛との間で揺れ動く繊細な芝居に挑む。その弟であり、天才ドライバー・檜山直純役に新田真剣佑。ヒロインの遠藤ひかるを森川葵が演じ、北村匠海、町田啓太、吉田鋼太郎らが共演する。監督を「海猿」「MOZU」「暗殺教室」各シリーズを手がけた羽住英一郎が務める。


映画『OVER DRIVE-オーバードライブ-』は6月1日(金)より全国東宝系にて公開


(C)映画「OVER DRIVE」製作委員会


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「真剣佑」をもっと詳しく

「真剣佑」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ