『トイ・ストーリー4』ボー・ピープは「スター・ウォーズ」のレイにそっくり!?

7月3日(水)17時0分 シネマカフェ

ボー・ピープとウッディ『トイ・ストーリー4』(C)2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

写真を拡大

ディズニー/ピクサーの大傑作シリーズの最新作『トイ・ストーリー4』。本作で『トイ・ストーリー2』以来の再登場となる、ウッディのかつての仲間ボー・ピープが、「スター・ウォーズ」のレイに似ていると話題となっている。



再登場の初ビジュアルが解禁されたときから“似ている”と話題を呼んでいるボー・ピープとレイは、見た目だけでなく、“自分で未来を切り開く”という共通点もあるという。実はジョシュ・クーリー監督が「ボー・ピープはレイにも通じるものがある。芯の通った強い女性なのは確かだ」と語るように、ボー・ピープは見た目も、振る舞いも本作では進化している。


まずはそのルックス。ボー・ピープは、かつての可愛らしさを残しつつも、クールな見た目に変貌を遂げている。白とピンクの水玉の可憐なドレス姿だった衣装はスタイリッシュなパンツスタイルとなり、武器のような(?)棒を構える様はまさに「スター・ウォーズ」シリーズのレイのよう。レイといえば、砂漠の惑星に独りで暮らし、別れた家族を待ち続ける孤独な少女であったが、広い銀河系へと飛び出し、強い意志でダークサイドに立ち向かう女性キャラクターだ。

そんなレイとボー・ピープは見た目だけでなく、強い信念を持って“自分で未来を切り開いている”点でも同じ。『トイ・ストーリー』や『トイ・ストーリー2』ではいつもウッディのことを優しく気にかけ、勇気づけていたボー・ピープ。実は、『トイ・ストーリー2』以降姿を消していた彼女だが、本作では自らの意志で外の世界へと飛び出し、強さを持つ女性としてシリーズに帰ってくる。


クーリー監督は「ボー・ピープはかつて人より前に出てはこないけど常にウッディをサポートしていた。だけど部屋の中でじっとして何かが起こるのを待つのは嫌だと思っていたんだ。彼女は元から強い意志を持つ女の子として描かれていたし、レイのようにまだ見たことのない新しい外の世界を見ようとずっと前に決心していたんだ。本作の彼女は前より成熟していて、ウッディの人生にも大きな影響を与えるんだよ」と明かす。自分で未来を切り開いたボー・ピープは、本作でウッディの未来も切り開く大切な存在になるようだ。

また、レイにそっくりだといわれている本作のボー・ピープの洋服には、彼女の内面の魅力を表すためのこだわりがたっぷり詰まっているという。クーリー監督は、新しいボーのデザインに「彼女が色々な経験をしてきたことを示すためにひび割れなどが反映されているんだ。みんなに馴染みのあるボー・ピープらしい色や生地を残しつつも、ドレスをパンツスタイルにしたりマントをつけたりして彼女のアクティブな部分や、自信を表現したんだ」と語っており、さらなる成長を遂げたボー・ピープの活躍は見逃せない。


『トイ・ストーリー4』は7月12日(金)より全国にて公開。

シネマカフェ

「トイ・ストーリー」をもっと詳しく

「トイ・ストーリー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ