【インタビュー】勝地涼、福田雄一監督からの“新たな笑い”への期待に感謝!

8月20日(月)7時30分 シネマカフェ

勝地涼『銀魂2 掟は破るためにこそある』/photo:EMI

写真を拡大

緩急自在の演技で視聴者に強い印象を残す俳優・勝地涼。最新作映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』では、原作ファンの間でも人気の高い将軍・徳川茂茂に扮し、作品に大きなインパクトを与えている。14歳から始めた俳優業も18年という歳月が流れた。「近年はコミカルな役が多いんですよね」と語った勝地さんだが、本作で福田雄一監督からオファーされた役は、大爆笑を引き起こすものの、これまでのキャラクターとは違う、新たな気づきがあったという。

自分のなかに流れている感情には嘘をつかないこと

勝地さん演じる徳川茂茂は、非常に民思いの優秀な将軍で、庶民の生活をしっかりと把握したいという思いから、度々、警察組織の頂点に君臨する松平片栗虎(堤真一)と共に、江戸の町に現れては、世間知らずが故に、散々な目に合ってしまうという役柄だ。劇中でも、衝撃的なビジュアルや発言で、大きなインパクトを与える。

「最初に福田監督から『徳川茂茂どう?』という話をいただいたとき、僕は原作を読んでいなかったので『将軍役か、いいな』と深く考えもせずに引き受けてしまったんです。その後、漫画も読んだのですが、原作ファンも多く、かなり個性的なキャラクターだと知って『マジか…』と思いました」。


とは言いつつも、勝地さんは、パート1を観て、出演者が真剣にバカなことをやり、その笑いにはあざとさがないことに感動し「出たいな」という思いがあったという。

「茂茂は『もっさりブリーフ派だ』とか『股間は足軽』みたいな「銀魂」ならではの面白セリフによりがちですが、あくまで民の生活を憂い、少しでも世の中が良くなれば……という真面目な思いでいるので、変に笑わせようとか、過剰なことをしようとかいうことではなく、あくまで人の良い誠実な将軍を演じることを心がけました」。

近年コミカルな演技が注目を集めているが、勝地さん自身はある考えのもと、演技には取り組んでいるという。それは感情の流れを大切にするということ。

「コメディに限らず、真面目な役でも、自分のなかに流れている感情には嘘をつかないように気をつけています。それさえしっかり間違えなければ、どんな役でも観ている人に不快感を与えないと思うんです。今回も、いくら笑えるセリフを言ったとしても、どこかに『面白いでしょ』という気持ちが乗ってしまうと笑えなくなる。特に茂茂はそういう役柄だと思いました」。

『銀魂』は新たな笑いを学べた現場!

勝地さんはこれまで、福田組での撮影を何度も経験しているが、今回の徳川茂茂は、過去に演じてきたキャラクターと“笑い”のタイプが違うことを感じていたという。

「これまで福田監督が僕を呼んでくれる場合、どちらかというと自分から仕掛ける笑いが必要な役が多かったんです。でも今回の茂茂は、受け身というか、仕掛けようがない役。そこで僕を呼んでくれたのは、とても嬉しかったです。一方で、これまで経験したことないような間の取り方だったりするので、難しかったし、とても勉強になった現場でした」。

さらに『銀魂』の現場は、主演の小栗旬をはじめ、菅田将暉橋本環奈という万事屋チームを中心に、真選組隊士を演じる、中村勘九郎や柳楽優弥、吉沢亮、三浦春馬、そして勝地さんと絡むシーンが多かった松平片栗虎役の堤真一、さらに長澤まさみ、岡田将生、窪田正孝ら、主演級の俳優たちがズラリと顔を揃えている。


「本当にすごいメンツですよね。『銀魂』の撮影で、、みなさんしっかり立ち位置がある役者さんたちが一堂に会すると、自分のポジションの変化を感じました。10代からこの仕事をしているので、しばらくはどの現場でも自分が一番年下ということが多かった。旬くんと共演した作品でも、基本的には僕が一番下だったんです。でも年齢を重ねると、当たり前ですが、年下の役者さんと一緒になることが増えてきました。改めて自分が任される役割も変わってきたんだなと感じます」。

茂茂同様、愛されキャラの勝地涼の30代は…

「中間管理職的な立ち位置ですかね?」と問うと、笑いながら「どうなんでしょう、不思議な感覚ですね」と答えた勝地さん。本作でも、しっかり先輩、後輩とコミュニケーションをとりあったようだ。

「万事屋の3人は一定の空気感があったので、そこには距離を取りつつ、基本的には堤さんと一緒にいることが多かったです。あとは、僕は映画のなかで、裸になる場面があったので、身体作りのため、お酒を飲まない日が多かったんです。それでも柳楽くんが一緒に飲みたいと言ってくれて、飲める日に部屋で飲んだり、別の日には戸塚(純貴)くんと吉沢くんが来てくれて一緒に飲んだりしました。旬くんも、僕が体を絞った影響で、体調が悪くみんなで飲む席に不参加だったのですが、一瞬だけ部屋に来てくれて久々に2人きりで飲んだんです。『茂茂、みんなに愛されていたね。良かったね』って言ってもらえたのは嬉しかったです」。

年齢差はあるものの、出演者それぞれが自身のキャラクターに対して、緊張感を持ち真剣に“面白”を演じた『銀魂』の現場。勝地さんは「みんな『面白いでしょ』という奢りがない」とほかのキャストたちを絶賛する。


「やっぱり自分たちの自己満足ではいけないという思いはみんな持っていました。お客さんに笑ってもらってなんぼという緊張感は常にあるんです。今回柳楽くんはとても難しい役をやっていましたが、かなり集中していましたし、僕も体を絞るために、かなりコンディションは気をつけていました。とは言いつつ、裸で走り回るシーンは全カットになっていましたけど(笑)」。

『銀魂2 掟は破るためにこそある』公開3日後に32歳になる勝地さん。以前は「コメディに偏っている感覚があったので、もう少し普通の役をやりたい」と悩んでいた時期があったというが、いまは他者の客観的な目線も消化できるようになったという。それでも「笑いはもちろんですが、そのイメージと真逆な怖い役なども積極的にやっていきたい。犯罪者とかも思う存分演じていきたいです」と目標を掲げると、『銀魂』についても「2018年ナンバー1映画になってもらい、いつかは『将軍暗殺編』を描いて欲しいです」と目を輝かせながら語ってくれた。

シネマカフェ

「勝地涼」をもっと詳しく

「勝地涼」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ