名匠エルダル・シェンゲラヤ監督、21年ぶりの最新作『葡萄畑に帰ろう』予告公開

9月23日(日)13時30分 シネマカフェ

『葡萄畑に帰ろう』場面写真

写真を拡大

ジョージア(グルジア)映画界の最長老として君臨する、名匠エルダル・シェンゲラヤ監督。そんな彼が21年ぶり85歳にして完成させた映画『葡萄畑に帰ろう』から、待望の予告編が公開となった。



■ワイン発祥の地・ジョージアを舞台にした人生賛歌!
かつてグルジアと呼ばれていたジョージアとは、旧ソ連邦・コーカサス山脈の南の歴史ある国。ジョージアはワイン発祥の地としても世界的に知られおり、その歴史は8000年にわたると言われている。長い歴史の中、周辺の国々に翻弄されてきたジョージアの人々は、独自の言語、宗教、そしてワインを守り続け、ワインの大地・葡萄畑はまさにジョージアの魂ともいえる。


本作は、そんなジョージアの魂である葡萄畑が広がる故郷への愛を謳いあげる人間賛歌となっている。ジョージア独自のクヴェブリという甕(かめ)を使った伝統的なワイン製法は、2013年に世界無形文化遺産に登録され、同年には和食も世界遺産になるなど、話題を集めている。

■独特の経歴をもつジョージア最長老の監督が描く!
この度解禁となった予告編には、そんな目にも美味しいジョージアワインが登場する。「この映画をジョージアのワインにたとえるならば、有名な辛口の赤ワイン『ムクザニ』です」と語るエルダル監督は、故郷への愛を描きつつ、実際に政界に身を置いていたこともある異色の経験から生まれた、権力社会への痛烈な風刺を、名匠ならではの自由な想像力と大らかなユーモアで描いている。

監督が“辛口の赤ワイン”とたとえる本作の世界観は、こちらの予告からチェックしてみて。



『葡萄畑に帰ろう』は12月15日(土)より岩波ホールほか全国にて順次公開。

シネマカフェ

「最新作」をもっと詳しく

「最新作」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ