TDSに新プログラム「ダッフィーのハートウォーミング・デイズ」が登場 スペシャルイベント「ピクサー・プレイタイム」も初開催

10月13日(金)17時13分 BIGLOBEニュース編集部

ダッフィーのハートウォーミング・デイズ(c)Disney

写真を拡大

東京ディズニーシーは、ダッフィー&フレンズの新プログラム「ダッフィーのハートウォーミング・デイズ」と、ピクサー映画をテーマにしたスペシャルイベント「ピクサー・プレイタイム」を来年1月11日から3月19日まで開催する。


「ダッフィーのハートウォーミング・デイズ」は、ダッフィー、シェリーメイ、ジェラトーニにステラ・ルーが加わり4人になったダッフィー&フレンズの心あたたまる世界をテーマにしたプログラム。4人で会う約束をしていたダッフィーは、ずっと一緒にいられるようにと気持ちのこもった贈りものを持っていく。すると、他の3人もそれぞれ贈りものを用意していたことがわかり、嬉しくてみんなでハグをするというストーリーが展開される。


期間中、ケープコッドのエリア全体がデコレーションで包まれ、「アーント・ペグズ・ヴィレッジストア」の前には、ダッフィーたちが幸せな気持ちでハグするシーンが表現されたフォトロケーションがお目見え。ダッフィーたちを抱きしめて撮影することができる。また、4人それぞれが作った贈りものを飾ったデコレーションや、ダッフィーたちの色合いを取り入れたデコレーションも登場する。これに合わせて、4人のハグや贈りものをモチーフにしたグッズや、スーベニアプレートが付いたデザートなどのスペシャルメニューも販売する。


また同期間、ディズニー/ピクサー映画の世界を感じることができるスペシャルイベント「ピクサー・プレイタイム」が初開催。おなじみのディズニー/ピクサー映画のキャラクターたちが、パークのあちこちで繰り広げるさまざまなエンターテイメント・プログラムや、体験型のデコレーションとしてゲームブースが登場する。エンターテイメント・プログラムでは、ボードゲームをテーマにした「ピクサー・プレイタイム・パルズ」や、アメリカンウォーターフロントからニューヨークエリアを練り歩く「ライトニング・マックィーン・ヴィクトリーラップ」などを楽しむことができる。

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

東京ディズニーシーをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ