アカデミー前哨戦!2017年「映画トップ10」をアメリカ映画協会賞が発表

12月8日(金)13時30分 シネマカフェ

ガル・ガドット/『ワンダーウーマン』 (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC

写真を拡大

アメリカン・フィルム・インスティチュート(AFI)が今年の「映画トップ10」と「テレビドラマトップ10」リストを発表した。AFIは2000年より毎年これらのリストを発表しており、「Entertainment Weekly」によれば例年アカデミー賞の作品賞にノミネートされる作品とほぼ重なっているという。

アカデミー賞が2009年に従来5本だった作品賞のノミネート作品を10本に増やし、2011年からは5本〜10本を選ぶようになったことから、AFIの「映画トップ10」に選ばれた作品は、5本〜8本はアカデミー賞の作品賞にノミネートされているとのことだ。

【映画トップ10】
■『ビッグ・シック』


■『Call Me by Your Name』(原題)


■『ダンケルク』


■『The Florida Project』(原題)


■『ゲット・アウト』


■『Lady Bird』(原題)

■『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』


■『シェイプ・オブ・ウォーター』


■『スリー・ビルボード』


■『ワンダーウーマン』


【テレビドラマトップ10】
■「ビッグ・リトル・ライズ〜セレブママたちの憂うつ〜」


■「ザ・クラウン」


■「FEUD: Bette and Joan」(原題)

■「ゲーム・オブ・スローンズ」


■「グッド・プレイス」

■「The Handmaid’s Tale」(原題)


■「インセキュア」

■「マスター・オブ・ゼロ」

■「ストレンジャー・シングス」


■「THIS IS US 36歳、これから」

シネマカフェ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

アメリカをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ