WEC:2018/19年“スーパーシーズン”エントリー発表。4クラス合計36台が名を連ねる

2月10日(土)10時15分 AUTOSPORT web

 ACOフランス西部自動車クラブは2月9日、“スーパーシーズン”と呼ばれる2018/19年のWEC世界耐久選手権のシーズンエントリーリストを発表した。LMP1、LMP2、LM-GTEプロ、GTEアマの4クラスで計36台が名を連ねている。

 

 2018年、WECは昨シーズン限りでポルシェがシリーズ最高峰のLMP1クラスから撤退したことを受け過渡期を迎えた。

 

 ACOとFIA国際自動車連盟はシリーズを存続させるべくLMP1クラスのレギュレーションを新設定するとともに伝統のル・マン24時間レースをシリーズ最終戦とするウインターシリーズ化や、輸送費の観点から開催ラウンドを見直すなど、多くのエントラントにとって魅力的なカテゴリーとなることを目指したさまざまな改革を実施。

 

 この内LMP1ハイブリッド搭載車とノンハイブリッド車の性能を均衡化させるテクニカルレギュレーションの変更は、これまでごく僅かに留まっていたLMP1プライベーターチームならびにコンストラクターを呼び込む起爆剤の役割を果たし、2018/19年“スーパーシーズン”のLMP1クラスは2012年のシリーズ発足以来最多となる6チーム合計10台の年間エントリーを集めることとなった。

 

 そんな注目のLMP1クラスエントリーは、フェルナンド・アロンソの起用を正式発表したTOYOTA GAZOO Racingが唯一のワークスチームとして5つのプライベーターチームと対峙する形となる。

 

 なかでももっとも競争力があると考えられている昨年のLMP2王者レベリオン・レーシングは、ドライバーにアンドレ・ロッテラーやニール・ジャニ、ブルーノ・セナといった有力ドライバーを数多く揃えたほか、LMP2クラスで無類の強さを発揮するシャシー『オレカ07』を開発したフランスコンストラクター、オレカと共同でマシンを製作する力の入れようだ。


 また、早くからLMP1クラスの参戦を表明していたジネッタのシャシーを用いるマノーTRSレーシングは、CEFC TRSMレーシングとチーム名を変更してエントリー。ミカエル・アレシン、ビタリー・ペトロフなどを起用するロシアのSMPレーシングはトヨタ、レベリオン、TRSMレーシングと同様に2台体制を敷く。

 

 一方、昨シーズンからニッサンVRX30Aをパワートレインに採用しているバイコレス・レーシングチームと、ELMSヨーロピアン・ル・マン・シリーズからステップアップを果たしたドラゴンスピードはそれぞれ1台のみのエントリーとなった。

スペイン・アラゴンでテストを行うSMPレーシングのBR1・AER
スペイン・アラゴンでテストを行うSMPレーシングのBR1・AER
レーシングチーム・ネダーランドのダラーラP217・ギブソン
レーシングチーム・ネダーランドのダラーラP217・ギブソン


 LMP1クラスの参戦台数が急増した一方でLMP2クラスのエントリーは、ロマン・フシノフ率いるGドライブ・レーシングがシリーズ参戦を見送ったことに加えてレベリオン、TRSMレーシングがLMP1クラスへ移行したことなどから2桁エントリーを割り込み全7台での争いとなる。

 

 しかし、今季はオレカ07/アルピーヌA470以外のマシンを使用するチームとしてオランダのレーシングチーム・ネダーランドが『ダラーラP217』を、かつてコルベットのGTマシンを走らせル・マンでクラス優勝も飾っているラルブル・コンペティションが『リジェJS P217』を持ち込むことでル・マン以外のWECシリーズ戦でも複数のLMP2マシンを見られることとなった。

BMW M8 GTEは1月末に北米デイトナのロレックス・デイトナ24時間でレースデビューを飾った。
BMW M8 GTEは1月末に北米デイトナのロレックス・デイトナ24時間でレースデビューを飾った。


 

 LM-GTEプロクラスでは2016年にル・マン復帰を宣言したBMWがカムバックを果たしBMWチームMTEKのもと2台の『BMW M8 GTE』を走らせる。ドライバーもBMWワークスドライバーを揃え、フェラーリ、フォード、アストンマーチン、そして同郷のポルシェに戦いを挑む。

 

 なお、今季からアストンマーチン・レーシングはV8ターボエンジンを搭載する新型『バンテージAMR』を導入。昨年からテストを続ける車両にはベテランのダレン・ターナー、2017年のル・マン制覇の立役者となったジョナサン・アダムに代えて新加入のアレックス・リンと元BMW DTMドライバーのマキシム・マルタンが乗り込むこととなった。
BMWからアストンマーチン・レーシングへ移籍したマキシム・マルタン
BMWからアストンマーチン・レーシングへ移籍したマキシム・マルタン


 

 昨シーズンの5台からほぼ倍増の9台がエントリーしたLM-GTEアマクラスでは、日本国籍のチームとしてMRレーシングが名を連ね石川資章/オリビエ・ベレッタ/エドワード・チーバーが70号車フェラーリ488 GTEをドライブする。

 

 また、前年王者アストンマーチン・レーシングと最終戦までチャンピオンを争ったクリアウォーター・レーシングはウェン-サン・モク/澤圭太/マシュー・グリフィンというお馴染みのラインアップで引き続き参戦し、昨年惜しくも逃したタイトル獲得を目指す。

 

 27台から36台へエントリーを伸ばした2018/19年のWECは4月6〜7日にポール・リカールでプロローグテストを実施。5月5日にベルギーのスパ・フランコルシャンで1年強のロングシーズンが幕を開ける。


 なお、日本ラウンドの第4戦富士は2月9日付で、開催日が10月21日から10月14日へ1週間前倒しされることが発表されている。

クリアウォーター・レーシングの61号車フェラーリ488 GTE
クリアウォーター・レーシングの61号車フェラーリ488 GTE


2018/19年WEC“スーパーシーズン”エントリー<LMP1&LMP2>






































































































































































PosNoClassTeamCarDriverTyre
11 LMP1レベリオン・レーシングレベリオンR13・ギブソンA.ロッテラー
TBA
TBA
MI
23 LMP1レベリオン・レーシングレベリオンR13・ギブソンT.ローラン
TBA
TBA
MI
34 LMP1バイコレス・レーシングチームENSO CLM P1/01・ニスモO.ウェッブ
TBA
TBA
MI
45 LMP1CEFC TSRMレーシングジネッタG60-LT-P1・メカクロームC.ロベルトソン
TBA
TBA
MI
56 LMP1CEFC TSRMレーシングジネッタG60-LT-P1・メカクロームO.ローランド
TBA
TBA
MI
67 LMP1トヨタ・ガズー・レーシングトヨタTS050ハイブリッドM.コンウェイ
小林可夢偉
J-M.ロペス
MI
78 LMP1トヨタ・ガズー・レーシングトヨタTS050ハイブリッドS.ブエミ
中嶋一貴
F.アロンソ
MI
810 LMP1ドラゴンスピードBRエンジニアリング・BR1・ギブソンH.ヘドマン
B.ヘンリー
R.バン・デル・ザンデ
MI
911 LMP1SMPレーシングBRエンジニアリング・BR1・AERM.アレシン
TBA
TBA
MI
1017 LMP1SMPレーシングBRエンジニアリング・BR1・AERV.ペトロフ
TBA
TBA
MI
1128 LMP2TDSレーシングオレカ07・ギブソンF.ペロード
M.バキシビエール
L.デュバル
DL
1229 LMP2レーシングチーム・ネダーランドダラーラP217・ギブソンF-V.イアード
G.バン・デル・ガルデ
J.ラマース
1331 LMP2ドラゴンスピードオレカ07・ギブソンR.ゴンザレス
TBA
TBA
1436 LMP2シグナテック・アルピーヌ・マットムートアルピーヌA470・ギブソンN.ラピエール
A.ネグラオ
P.ティリエ
DL
1537 LMP2ジャッキー・チェン・DCレーシングオレカ07・ギブソンJ.ジャファー
TBA
TBA
1638 LMP2ジャッキー・チェン・DCレーシングオレカ07・ギブソンH-P.タン
TBA
TBA
1750 LMP2ラルブル・コンペティションリジェJS P217・ギブソンE.クリード
R.リッチ
F.リース
MI


2018/19年WEC“スーパーシーズン”エントリー<LM-GTE Pro&LM-GTE Am>
























































































































































































PosNoClassTeamCarDriverTyre
151 LM-GTE ProAFコルセフェラーリ488 GTE EVOA.ピエール・グイディ
J.カラド
MI
266 LM-GTE Proフォード・チップ・ガナッシ・チームUKフォードGTS.ミュッケ
O.プラ
MI
367 LM-GTE Proフォード・チップ・ガナッシ・チームUKフォードGTA.プリオール
H.ティンクネル
MI
471 LM-GTE ProAFコルセフェラーリ488 GTE EVOD.リゴン
S.バード
MI
581 LM-GTE ProBMWチームMTEKBMW M8 GTEM.トムチェク
N.キャツバーグ
P.エング
MI
682 LM-GTE ProBMWチームMTEKBMW M8 GTEA.ファーフス
A.F.ダ・コスタ
A.シムズ
MI
791 LM-GTE ProポルシェGTチームポルシェ911 RSRR.リエツ
G.ブルーニ
MI
892 LM-GTE ProポルシェGTチームポルシェ911 RSRM.クリステンセン
K.エストル
MI
995 LM-GTE Proアストンマーチン・レーシングアストンマーチン・バンテージAMRM.ソーレンセン
N.ティーム
MI
1097 LM-GTE Proアストンマーチン・レーシングアストンマーチン・バンテージAMRA.リン
M.マルタン
MI
1154 LM-GTE Amスピリット・オブ・レースフェラーリ488 GTET.フロー
F.カステラッチ
G.フィジケラ
MI
1256 LM-GTE Amチーム・プロジェクト1ポルシェ911 RSRJ.ベルグマイスター
P.リンジー
E.ペルフェッティ
MI
1361 LM-GTE Amクリアウォーター・レーシングフェラーリ488 GTEW-S.モク
澤圭太
M.グリフィン
MI
1470 LM-GTE AmMRレーシングフェラーリ488 GTE石川資章
O.ベレッタ
E.チーバー
MI
1577 LM-GTE Amデンプシー-プロトン・レーシングポルシェ911 RSRM.カイローリ
TBA
TBA
1686 LM-GTE Amガルフ・レーシングポルシェ911 RSRM.ウェインライト
TBA
TBA
MI
1788 LM-GTE Amデンプシー-プロトン・レーシングポルシェ911 RSRM.キャンベル
TBA
TBA
1890 LM-GTE AmTFスポーツアストンマーチン・バンテージS.ヨロック
E.ハンキー
C.イーストウッド
MI
1998 LM-GTE Amアストンマーチン・レーシングアストンマーチン・バンテージP.ダラ-ラナ
P.ラミー
M.ラウダ
MI


AUTOSPORT web

「2018」をもっと詳しく

「2018」のニュース

BIGLOBE
トップへ