WRC:ラリー・スウェーデンのシェイクダウンはヒュンダイ最速。トヨタは5番手

2月15日(木)22時28分 AUTOSPORT web

 2018年のWRC世界ラリー選手権第2戦スウェーデンは2月15日、本戦スタート前のシェイクダウンが行われ、ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)がトップタイムを記録した。


 シリーズ唯一のフルスノーイベントとして行われるラリー・スウェーデン。シェイクダウンはサービスパークが設置されるスウェーデン・トルシュビー近郊で6.86kmのステージで行われた。


 シェイクダウンステージは前半セクションがコーナーや小高い丘などテクニカルな要素が集まり、後半セクションはストレート区間が多くなり速度域も上昇する構成となっている。


 第1戦モンテカルロで思うような結果を残せなかったヌービルは3本目の走行で4分17秒3のベストタイムを記録。0.3秒差でライバルを抑えてシェイクダウントップにつけた。


「マシンの挙動に問題はなく、テストで試したセッティングを確認するだけだった。ダンパーとリヤのロールバーに微調整を加えたくらいだね」とヌービル。


「走行1回目のフィーリングに問題はなかった。ぼくにとっては極めて重要なことだよ。どれだけ雪が積もるか分からないけど、僕たちの前にも後ろにも速さのあるドライバーが控えている。雪がラリーを動かす要素になりそうだ」


 2番手はシトロエンからスポット復帰を果たすマッズ・オストベルグ(シトロエンC3 WRC)。オストベルグはC3 WRCでの走行経験が少ないこともあり、積極的に走行を重ねている。3番手は第1戦モンテカルロを制したセバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC)だった。


 以下、4番手にクリス・ミーク(シトロエンC3 WRC)、オット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)、アンドレアス・ミケルセン(ヒュンダイi20クーペWRC)と続いている。


 大会連覇がかかるトヨタ勢のヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)は7番手、チームメイトのエサペッカ・ラッピ(トヨタ・ヤリスWRC)は11番手だった。


 WRC第2戦スウェーデンはこの後、現地15日の20時8分(日本時間16日4時8分)にSS1が行われる。


AUTOSPORT web

「スウェーデン」をもっと詳しく

「スウェーデン」のニュース

BIGLOBE
トップへ