D・コスタ、グリーズマンのアトレティコ残留を希望「彼にとってのベスト」

3月22日(木)13時38分 サッカーキング

抜群の相性を見せているD・コスタ(左)とグリーズマン(右) [写真]=Getty Images

写真を拡大

 アトレティコ・マドリードに所属するスペイン代表FWジエゴ・コスタが、バルセロナへの移籍が噂されるフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンについて言及した。21日付けのスペイン紙『アス』がコメントを伝えている。

 D・コスタは今冬の移籍市場でアトレティコ・マドリードに正式加入。2014年夏にチェルシーへ移籍して以来の復帰を果たした。同選手と入れ替わるようにしてアトレティコ・マドリードに加入したのがグリーズマンだった。そのため、2人が前線でコンビを組むのは今年からのことになる。

 両選手の相性は抜群で、D・コスタの復帰後、グリーズマンは公式戦16得点と完全復活を遂げた。しかし、グリーズマンは今夏のバルセロナ移籍が濃厚と報じられており、早くも“コンビ解散”の可能性がある。去就が注目される同僚について、D・コスタは本人の決断を尊重するとしながらも自身の希望を口にした。

「チーム全員がとても重要な存在だと思っているし、彼自身もそれを分かっている。今も我々と一緒にいるし、この先もそうであって欲しい」

「(グリーズマンは)まだ退団するとは言ってきていない。彼が下す決断であって、口出しはできない。選手それぞれがベストを選択しなければいけない。ただ、彼にとってのベストは、アトレティコに残ることだというのが私の意見だ」

 なお、D・コスタは“グリーズマンが残留しなければならない理由”を冗談ながらに告白している。

「復帰前に『アトレティコに戻ってきて、一緒にプレーしよう』というラブコールを彼からもたっていたんだ。それなのに、今になって自分がクラブを出ていく? 『それはあり得ない』と彼には言ったよ」

 果たして“最強コンビ”の共演を来シーズンも観ることはできるだろうか。

(記事/Footmedia)

サッカーキング

「残留」をもっと詳しく

「残留」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ